観光

祇園・東山・四条

北政所ゆかりのお寺・高台寺

北政所ゆかりのお寺・高台寺 北政所ゆかりのお寺・高台寺 北政所ゆかりのお寺・高台寺 北政所ゆかりのお寺・高台寺 北政所ゆかりのお寺・高台寺 北政所ゆかりのお寺・高台寺
北政所ゆかりのお寺・高台寺 北政所ゆかりのお寺・高台寺 北政所ゆかりのお寺・高台寺 北政所ゆかりのお寺・高台寺 北政所ゆかりのお寺・高台寺 北政所ゆかりのお寺・高台寺

高台寺は、慶長11年(1606)、豊臣秀吉の正室だった北政所(ねね)が秀吉の菩提を弔うために創建したお寺です。

もともと、実母のため寺町あたりに康徳寺(こうとくじ)というお寺を建立し、秀吉の没後は高台院湖月尼となっていた北政所。その話を聞いた徳川家康が、東山にあった旧雲居寺(うんごじ)の跡地を提供し、康徳寺の法堂を移転してお寺を建立したのがはじまりです。

曹洞宗のお寺でしたが、北政所の遺志で寛永元年(1624)、建仁寺の三江(さんこう)和尚が臨済宗建仁寺派のお寺にします。かつては、京都霊山護国神社の敷地も高台寺だったほど広かったのですが、明治2年(1869)の社寺上地令により、約9万5千坪が約1万5千坪になりました。

高台寺は、八坂神社から清水寺に向かう途中の「ねねの道」沿いにあるお寺です。八坂神社方面から向かうと、左手に台所坂という石段上の坂が見えてきます。

高台寺には伏見城の遺構が多く移築されましたが、明治18年(1885)の火災により多くの建物が焼失します。開山堂・霊屋・観月台・傘亭・時雨亭などは、当時のものが残されています。

方丈も火事の後再建されたものです。方丈前の前には、1本のしだれ桜が見事な枯山水庭園・波心庭(はしんてい)が。観月台の両側には、東山を借景に利用した小堀遠州作の池泉廻遊式庭園が広がります。

北政所が祀られる霊屋(おたまや)の、秀吉と北政所の坐像を安置する厨子などに施された蒔絵は、「高台寺蒔絵」として広く知られています。三江和尚を祀る開山堂の天井には、秀吉が使用した御座船の格(ごう)天井と北政所の御所車の天井が使われています。

利休好みの茶室・傘亭と時雨亭。宝形造の傘亭は、天井が唐傘を開いたように見える珍しい茶室。時雨亭は、茅葺き2階建ての茶室です。

春や秋には、ライトアップイベントが開催されています。

ねねの道をはさんで反対側にある、京・洛市ねねの2階には、高台寺やその塔頭の宝物などを収めた「高台寺掌(しょう)美術館」も。

正式名称
高台寺(こうだいじ)
拝観・開館時間
9:00〜17:30 (受付終了:17:00)
ライトアップ期間:日没後点灯〜22:00(受付終了:21:30)
住所
京都市東山区高台寺下河原町526
TEL
075-561-9966
拝観料
大人  600円
高校生 250円
中学生 250円

共通割引拝観券(高台寺・圓徳院※掌美術館含む ):
900円
休日・休館
無休
交通案内
京阪電車 祇園四条駅下車  徒歩約15分
阪急電車 河原町駅下車   徒歩約20分
市バス 東山安井バス停下車 徒歩約7分

Instagram

#funjapo_高台寺
とハッシュタグを入れて投稿して下さい

1km以内の観光スポット

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


一覧へ

周辺のおすすめ情報

TO TOP