イベント情報

2020年度

  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 05/0109/30

    鴨川納涼床~京都の夏の風物詩~

    応仁の乱の後には荒れていた鴨川の河原。豊臣秀吉が天正17年(1589)に五条大橋を架け、天正18年(1590)に三条大橋を改修したころから、にぎわいはじめ……

    詳細を見る
  • 07/3107/31

    八坂神社摂社・疫神社の疫神社夏越祭~祇園祭最後の行事~   

    八坂神社の境内にある摂社・疫神社で行われる疫神社夏越祭は、祇園祭の最後の祭事です。夏越祭は、祇園祭の関係者が集まり、神職による祝詞・お祓い、粟餅をお供えす……

    詳細を見る
  • 07/0107/31

    祇園祭~絢爛豪華な山鉾巡行がクライマックス~ 

    葵祭・時代祭と共に京都3大祭りの1つで、東京の神田祭・大阪の天神祭と共に日本3大祭りの1つにもなっている祇園祭。八坂神社のお祭りです。

    祇園……

    詳細を見る
  • 08/1508/15

    涌泉寺の松ヶ崎題目踊り・さし踊り~盆踊りの元祖~ 

    松ヶ崎題目踊りは、徳治2年(1307)に、村民の多くが天台宗から日蓮宗に改宗したことを記念して作られた踊りという説があります。また、戦国時代に布教のために……

    詳細を見る
  • 05/0109/30

    鴨川納涼床~京都の夏の風物詩~

    応仁の乱の後には荒れていた鴨川の河原。豊臣秀吉が天正17年(1589)に五条大橋を架け、天正18年(1590)に三条大橋を改修したころから、にぎわいはじめ……

    詳細を見る
  • 08/0708/10

    六道珍皇寺の六道まいり~お精霊さんの迎え鐘~ 

    六道まいりは、お盆の前にご先祖様の霊を呼び寄せる儀式で、「お精霊(しょうらい)さん迎え」とも呼ばれています。六道とは、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上界……

    詳細を見る
  • 08/1608/16

    五山の送り火~京都四大行事の一つ~ 

    五山の送り火は、お盆の時期に冥界から戻ってきていたご先祖様の霊を、再び冥界に送るための行事です。毎年お盆の翌日に開催されています。

    足利義政……

    詳細を見る
  • 08/0908/09

    亀岡市の亀岡平和祭保津川市民花火大会~大迫力の花火が見どころ~  

    昭和30年(1955)に「世界連邦平和都市宣言」をしたことを記念して始まった亀岡平和祭保津川市民花火大会。2018年で67回目を迎えます。亀岡平和祭は、戦……

    詳細を見る
  • 08/1508/15

    花背八桝町の花背の松上げ~炎の描くカーブ~ 

    花背地区は別所・大布施・八桝(やます)・原地新田(はらちしんでん)からなり、昭和24年(1949)に京都市左京区に編入された地区です。花背峠からその名前が……

    詳細を見る
  • 05/0109/30

    鴨川納涼床~京都の夏の風物詩~

    応仁の乱の後には荒れていた鴨川の河原。豊臣秀吉が天正17年(1589)に五条大橋を架け、天正18年(1590)に三条大橋を改修したころから、にぎわいはじめ……

    詳細を見る
  • 09/0909/09

    市比賣神社の重陽祭~長寿を願う祭とカード供養祭~ 

    古来、9月9日は重陽の節句といわれ、長寿を願って菊の入ったお酒を飲んだり、菊綿(菊の着綿)を使ったりする習わしがありました。菊を使うのは、その強い香りで邪……

    詳細を見る
  • 09/2109/22

    晴明神社の晴明祭~陰陽師の命日に開催されるお祭り~ 

    陰陽師(おんみょうじ)や天文学者として知られる安倍晴明。晴明神社は、寛弘4年(1007)に一条天皇によって創建されました。

    安倍晴明は寛弘2……

    詳細を見る
  • 10/2210/22

    時代祭~明治維新から平安時代までの時代絵巻~

    明治28年(1895)、平安遷都1100年祭の年にパレードとして始まった時代祭。翌年から平安神宮の正式なお祭りとなりました。延暦13年(794)桓武天皇が……

    詳細を見る
  • 11/0111/01

    護王神社の亥子祭~亥子餅を食べて無病息災を祈願~

    護王神社は、ご祭神の和気清麻呂が猪に救われたことがあるため、狛犬の代わりに狛猪が置かれ、別名・猪神社とも呼ばれています。境内には、猪コレクションをはじめと……

    詳細を見る
TO TOP