観光

金閣寺・北野

金閣寺 ~豪華絢爛な楼閣と金の鳳凰~

金閣寺 ~豪華絢爛な楼閣と金の鳳凰~ 金閣寺 ~豪華絢爛な楼閣と金の鳳凰~ 金閣寺 ~豪華絢爛な楼閣と金の鳳凰~ 金閣寺 ~豪華絢爛な楼閣と金の鳳凰~ 金閣寺 ~豪華絢爛な楼閣と金の鳳凰~ 金閣寺 ~豪華絢爛な楼閣と金の鳳凰~ 金閣寺 ~豪華絢爛な楼閣と金の鳳凰~ 金閣寺 ~豪華絢爛な楼閣と金の鳳凰~
金閣寺 ~豪華絢爛な楼閣と金の鳳凰~ 金閣寺 ~豪華絢爛な楼閣と金の鳳凰~ 金閣寺 ~豪華絢爛な楼閣と金の鳳凰~ 金閣寺 ~豪華絢爛な楼閣と金の鳳凰~ 金閣寺 ~豪華絢爛な楼閣と金の鳳凰~ 金閣寺 ~豪華絢爛な楼閣と金の鳳凰~ 金閣寺 ~豪華絢爛な楼閣と金の鳳凰~ 金閣寺 ~豪華絢爛な楼閣と金の鳳凰~

金閣寺は、応永4年(1397)、西園寺公経(さいおんじきんつね)の別荘を譲り受けた室町幕府第3代足利義満が建立しました。「古都京都の文化財」の構成要素として、世界遺産に登録されています。

もともとは、足利義満が住んでいた北山殿(きたやまどの)という山荘で、将軍職を退いた義満がなおも政権を握り、この場所で北山文化が花開きました。

義満が亡くなった後、遺言により夢窓疎石が開山し、鹿苑寺という名前に。この名前は、亡くなる前に出家していた義満の法号である「鹿苑院殿」からとられました。しかし、舎利殿「金閣」があまりに有名なため、一般的には金閣寺と呼ばれています。夢窓疎石が開山した相国寺の塔頭の1つで、臨済宗相国寺派の寺院です。

舎利殿は三層構造になっていて、屋根の上には金色の鳳凰がのっています。舎利殿は応仁の乱でも残りましたが、昭和25年(1950)の放火により焼失しました。このお話をもとに書かれたのが、三島由紀夫作「金閣寺」です。現在の舎利殿は、昭和30年(1955)に再建されました。昭和62年(1987)には、5倍の厚さの金箔に貼り替えられたため、創建当時の輝きを取り戻しています。

舎利殿の初層と2層は、東西11.7m、南北8.5mで同じ広さの長方形。3層目は1辺が5.4mの正方形です。初層と2層の間には庇がなく、初層には金箔が貼られていません。そのため、遠目には2層構造のようにも見えます。初層は藤原時代の寝殿造、2層は鎌倉時代の武家造、3層は禅宗仏殿造、とすべての層の建築様式が異なるのも特徴です。初層は別名・法水院(ほっすいいん・ほうすいいん)と呼ばれ、釈迦如来像と足利義満坐像を安置。2層は別名・聴音堂(ちょうおんどう)と呼ばれ、岩屋観音坐像と四天王像を安置。3層は別名・究竟頂(くっきょうちょう)で、唐様の仏間になっています。

舎利殿の前には約6600平方メートルの広さを誇る鏡湖池(きょうこち)があり、鏡湖池の水面に映る逆さ金閣を撮影する観光客が絶えません。

金閣寺の境内は、鏡湖池を中心とした池泉回遊式庭園となっています。庭園内には、義満が茶の湯用の水として利用した銀河泉(ぎんがせん)。「登竜門」の語源になった、鯉が滝を登って竜になったとされる伝説を再現した、高さ2.3mの龍門滝(りゅうもんのたき)。白蛇塚が立つ池・安民沢(あんみんたく)。茶人・金森宗和(かなもりそうわ)の茶室を再建した数寄屋造の夕佳亭(せっかてい)などがあります。

正式名称
鹿苑寺
拝観・開館時間
9:00~17:00(特別拝観時は時間が異なる場合あり)
住所
京都市北区金閣寺町1
TEL
075-461-0013
拝観料
大人(高校生以上)400円
中学生      300円
小学生 300円
休日・休館
無休
交通案内
市バス 金閣寺道バス停下車 徒歩3分
市バス 金閣寺前バス停下車 徒歩約1分

Instagram

#funjapo_金閣寺
とハッシュタグを入れて投稿して下さい

1km以内の観光スポット

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


一覧へ

周辺のおすすめ情報

TO TOP