観光

嵐山・松尾・太秦

野宮神社 ~源氏物語ゆかりの恋愛祈願スポット~

野宮神社 ~源氏物語ゆかりの恋愛祈願スポット~

竹林の小径のそばに位置する野宮神社。その竹は「野宮竹」という名前で呼ばれています。嵯峨野めぐりの起点の場所でもあります。

野宮神社は、かつて伊勢神宮に使える皇女(斎王)が、伊勢神宮に行く前に1年間身を清めた場所で、平安時代(800年頃)に建立されました。斎王制度は南北朝時代の後醍醐天皇時代に廃止されましたが、その後、神社として存続。毎年10月の第3日曜日には、斎王が伊勢神宮に向かう旅を再現した斎宮行列が開催されています。

野宮神社の黒木の鳥居は、樹皮がついた木をそのまま使用した日本最古の鳥居様式です。神社の周りは、くろもじの木を使った小柴垣で囲まれています。

本殿には天照大神が祀られ、本殿の左側には縁結びの神として知られる野宮大黒天が祀られています。その横には、撫でながら願いことを祈ると1年以内に叶うと言われているお亀石も。

源氏物語の「賢木」(さかき)の巻に登場するため、源氏物語がモチーフのお守り「開運招福お守」なども販売されています。

正式名称
野宮神社(ののみやじんじゃ)
拝観・開館時間
9:00~17:00(受付終了:16:30)
住所
京都市右京区嵯峨野宮町1
TEL
075-871-1972
拝観料
無料
休日・休館
無休
交通案内
JR 嵯峨嵐山駅下車 徒歩約10分
京福電車 嵐山駅下車 徒歩約7分
市バス・京都バス 野々宮バス停下車 徒歩約4分

Instagram

#funjapo_野宮神社
とハッシュタグを入れて投稿して下さい

1km以内の観光スポット

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


一覧へ

周辺のおすすめ情報

TO TOP