観光

祇園・東山・四条

アーケード商店街でおみやげ探し・新京極商店街

アーケード商店街でおみやげ探し・新京極商店街

新京極通は、明治5年(1872)に8つの寺社の境内の一部を使って作られた通りです。槇村正直が京都府知事だった時代、東京遷都で衰退していた京都の町を活性化させようと京都府の主導により誕生しました。豊臣秀吉が天正年間(1573~1592)に隣の寺町通に多くのお寺を集め、周辺がにぎわったことに着目したためです。8つの寺社の中には、慶長期(1596~1615)に55代の住職をつとめた、「落語の祖」と呼ばれる安楽庵策伝(あんらくあんさくでん)上人がいた誓願寺も。四条通から三条通まで南北に続く約500mの通りです。

新京極通は、平安時代には、平安京の東端だった東京極大路(現在の寺町通)の東側にありました。三条通に近い「たらたら坂」は、かつて鴨川の河原だった名残りです。天正18年(1590)、豊臣秀吉が三条大橋を作る際に三条通をまっすぐに作ったため、河原との間に段差が生じます。新京極通では、その段差部分を坂道にして解消したそうです。

新京極通に立ち並ぶ新京極商店街は、東京の浅草に次いで日本で2番目に古い商店街。明治30年代には浅草と大阪の千日前と共に、日本の三大盛り場でした。明治30年(1897)ころに、松竹が誕生した場所でもあります。

新京極商店街は、かつては修学旅行の定番買い物スポットでした。現在は、おみやげ屋さんだけでなく、飲食店、映画館、ファッションのお店などがあり、観光客も多く訪れています。アーケード商店街なので、雨でも安心。かすてら饅頭・ロンドン焼きが名物のロンドンヤなどもあります。

正式名称
新京極商店街振興組合(しんきょうごくしょうてんがいしんこうくみあい)
拝観・開館時間
店舗による
通行は24時間
住所
京都市中京区新京極通三条~四条間
TEL
075-223-2426(新京極商店街振興組合)
拝観料
店舗による
休日・休館
店舗による
交通案内
阪急電車   河原町駅下車     徒歩約2分
地下鉄東西線 京都市役所前駅下車  徒歩約4分
市バス    四条河原町バス停下車 徒歩約2分
市バス    河原町三条下車    徒歩約2分

Instagram

#funjapo_新京極
とハッシュタグを入れて投稿して下さい

1km以内の観光スポット

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


一覧へ

周辺のおすすめ情報

TO TOP