おすすめ情報

  • 観光
  • 祇園・東山・四条

【2019年版】京都で楽しむ桜の名所ランキング

【2019年版】京都で楽しむ桜の名所ランキング

四季を問わず観光客の訪れる街、京都。
中でも紅葉の時期と並んで人気なのが、桜の咲く春の季節です。
京都の桜の多くは自然の桜ではなく人の手が加えられたもので、だからこそそこには計算された美しさが演出されています。
神社、お寺、散策路……2019年、あなたはどの場所にある桜を愛でますか。

【1位】醍醐寺


豊臣秀吉が大規模な花見をしたことで有名なのが「花の醍醐」で知られる醍醐寺です。
境内には約1000本にも及ぶさまざまな種類の桜が植えられており、中でも霊宝館にある大しだれ桜は必見の美しさ。
また、秀吉自らが設計したといわれる三宝院庭園にある桜や、国宝の五重塔を背景に咲く桜など見所はいくつもあり、丸一日いても全く飽きません。
古寺の情緒溢れる姿が年月を経た桜とマッチしているので、まさしく「日本の美」を感じることができるでしょう。

施設名 醍醐寺
住所 京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
電話番号 075-571-0002
拝観時間 9:00~17:00(3月1日~12月第1日曜日)
料金 三宝院・霊宝館・伽藍1500円(3月20日~5月15日)

 

【2位】哲学の道


京都観光 桜 哲学の道
京都に住む文人たちが、思索にふけりつつ道を歩いたことでその名をつけられた哲学の道。
全長約2kmの散策路におよそ500本のソメイヨシノが咲き誇るそのさまは、まさに桜のトンネルのよう。
桜に見惚れつつ散策するのもベターですが、こちらの桜観賞でおすすめしたいのは散った桜が水面に浮かぶ「花筏(はないかだ)」を愛でるというもの。
一面桜色に染まった川を眺めていると、時間がたつのも忘れてしまいそうになりますよ。

施設名 哲学の道
住所 京都府京都市左京区
電話番号 075-761-1944(哲学の道保勝会事務局)
拝観時間 24時間拝観
料金 無料

 

【3位】京都御苑


京都御所を囲むように存在する京都御苑は、桜の名所としても有名です。
苑内にはある桜の数はおよそ1000本。
中立売御門近くの「車還桜(くるまがえしざくら)」や学習院跡にある「桜松(さくらまつ)」など見所も多いですが、なんといっても外せないのは近衞邸跡に植わる「糸桜(いとざくら)」でしょう。
これは早咲きの大きなしだれ桜で、3月中旬には咲き始めるため毎年京都の桜のシーズンが始まる知らせとなっています。
一足早くお花見をしたい方には外せないスポットですね。

施設名 京都御苑
住所 京都府京都市上京区京都御苑3
電話番号 075-211-6364
拝観時間 24時間拝観
料金 苑内無料

 

【4位】大覚寺


京都観光 桜 大覚寺
嵐山の近く、嵯峨に鎮座する皇室ゆかりの寺院がここ大覚寺です。
境内東側にある日本最古の人工の林泉「大沢池」の周囲には、ソメイヨシノをはじめとした桜が周囲約1kmに渡って咲き誇り、華やかで雄大な景色を見ることができます。
また、桜そのものだけでなく池の水面に映った姿を楽しむことができるのも一押しポイントの一つ。
勅使門前にあるヤエベニシダレザクラも実に見事で、堂々としたその姿には深い趣がありますよ。

施設名 旧嵯峨御所 大本山 大覚寺
住所 京都府京都市右京区嵯峨大沢町4
電話番号 075-871-0071
拝観時間 9:00~17:00
料金 500円

 

【5位】原谷苑

原谷苑は京都の洛北にひっそりと存在しながらも、その美しさから近年着実に注目を集めています。
苑内にはベニシダレザクラをはじめ約400本の桜が植えられており、見頃の時期などはまるで桃源郷と呼びたくなるような景色を見ることができます。
市街から離れているためアクセスはあまり良くないのですが、それでも訪れる価値は十分すぎるほどあるとたどり着いたときに実感するでしょう。
開花状況によって入苑料が変わるので、いつ見に行こうか考えるのも楽しそうですね。

施設名 原谷苑
住所 京都府京都市北区大北山原谷乾町36
電話番号 075-461-2924
営業時間 9:00~17:00
料金 見ごろによって変動、最高1500円

 

【6位】平野神社


京都観光 桜 平野神社
京都にある神社の中で、桜の名所として最も名高いのがこの平野神社です。
境内ではメジャーなソメイヨシノから聞いたこともないような品種まで約60種類400本の桜を見ることができ、その様子はさながら桜のテーマパークのよう。
中には「十月桜(じゅうがつざくら)」という10月から4月上旬にかけて開花する桜もあり、いろいろな種類の桜を楽しみたい方には特におすすめです。
また、朱色の鳥居を無数の桜が取り囲む様はとてもフォトジェニックなため、SNS映えする写真を撮りたいときに訪れるのも良いかもしれません。

施設名 平野神社
住所 京都府京都市北区平野宮本町1
電話番号 075-461-4450
拝観時間 6:00~17:00
料金 境内無料

 

【7位】二条城


二条城は大政奉還150周年の昨年、そして明治維新150周年にあたる2018年の今年と、二年続けて注目の集まる時期にあります。
2014年から行われていた東大手門の修復も昨年の3月に終わり、桜観賞も兼ねて観光するにはまさに今が旬。
桜の開花時期にあわせて行われるライトアップでは庭園や通路も光に包まれるため、夜桜も相まって幻想的な雰囲気を味わうことができます。
他にも、西門付近のヤエベニシダレザクラは散策して天蓋のような桜を楽しむだけでなく、天守閣跡から様子を一望するのもオツですよ。

施設名 元離宮二条城
住所 京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
電話番号 075-841-0096
拝観時間 8:45~17:00
料金 600円

 

【8位】仁和寺


京都観光 桜 仁和寺 
京都で少し遅めの花見を楽しむのなら仁和寺がおすすめです。
こちらでしか見られない「御室桜(おむろざくら)」は背丈が低い品種なのですがそれによって花を間近で楽しむことができ、この桜が江戸時代より「庶民の桜」として親しまれてきた理由も納得できるというもの。
また、御室桜の背丈の低さを活かして見ることができる、境内にある五重塔が桜の雲海にそびえ立つような風景も一見の価値ありですよ。
各々さまざまな場所で桜を愛でていても、最後はいつも御室桜で花見を終える……そんな春を過ごす京都人、きっと多いのではないでしょうか。

施設名 仁和寺
住所 京都府京都市右京区御室大内33
電話番号 075-461-1155
拝観時間 9:00~17:00(3月~11月)
料金 御殿500円、霊宝館(期間限定)500円、茶室[遼廓亭・飛濤亭]1000円(※要予約・御殿拝観料も必要)、伽藍特別入山500円

 

【9位】なからぎの道

なからぎの道は賀茂川の左岸、北大路橋から北山大橋の間にある約800mの堤防道です。
道の脇にはヤエベニシダレザクラが約70本に渡り並び立っているので、哲学の道と並び「散歩しながらのお花見」に最適の場所と言えるでしょう。
天気のいい日にはお弁当を持ってきて、桜を見ながらお昼を食べるのもいいですね。
ゆったりとした賀茂川の流れを眺めつつ桜並木を散歩すれば、心も身体も満足しそうです。

施設名 なからぎの道
住所 京都府京都市左京区下鴨半木町
電話番号 不明
拝観時間 24時間拝観
料金 無料

 

【10位】祇園白川

京都観光 桜 祇園白川
「京都らしい風景と桜」を見たい方には外せない場所なのがこちら。
石畳に格子戸のお茶屋、小さな神社と朱色の玉垣、そしてさらさらと流れる白川など、どれをとっても京情緒溢れるスポットです。
桜自体は40本ほどと決して数は多くないのですが、風情ある風景にはんなりと咲くその姿を見れば、きっと心が満たされるでしょう。
はらはらと石畳へ散りゆく桜を眺めて、世界に愛される街・京都に思いを馳せてみませんか。

施設名 祇園 白川
住所 京都府京都市東山区白川南通沿い
電話番号 075-222-3586(建設局緑地管理課・平日のみ)
拝観時間 24時間拝観
料金 無料

以上、Funjapoの選ぶ京都の桜見所ランキングでした。

もちろんこれ以外にも京都には桜の名所が数多く存在します。
ご紹介した場所を参考に付近を散策すれば、また別の名所が……なんてことも、京都ならではの楽しみ方。
思い思いの場所を尋ねて、あなただけの桜の地図を作ってみるのもいいかもしれませんね。

1km以内のおすすめ情報スポット

登録されていません。

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


一覧へ

周辺のおすすめ情報

TO TOP