観光

京都御所・二条城

二条城 ~世界遺産・徳川幕府の京都拠点~

二条城 ~世界遺産・徳川幕府の京都拠点~ 二条城 ~世界遺産・徳川幕府の京都拠点~ 二条城 ~世界遺産・徳川幕府の京都拠点~ 二条城 ~世界遺産・徳川幕府の京都拠点~
二条城 ~世界遺産・徳川幕府の京都拠点~ 二条城 ~世界遺産・徳川幕府の京都拠点~ 二条城 ~世界遺産・徳川幕府の京都拠点~ 二条城 ~世界遺産・徳川幕府の京都拠点~

二条城は、1603年(慶長8)に徳川幕府の初代将軍・徳川家康によって建てられた江戸幕府の京都での住まいです。二条城は「古都京都の文化財」の構成要素として、世界遺産に選ばれています。徳川家康は二条城の近くに京都所司代を置き、京都の監視も行っていました。

3代将軍・家光の時代に、伏見城の遺構である本丸御殿を移すなどして改修。寛政3年(1626)、後水尾(ごみずのお)天皇行幸の際に完成します。

天明8年(1788)、天明の大火で本丸御殿などを焼失。現在の本丸御殿は、明治26年(1893 )に京都御苑内の旧桂宮御殿を移築したものです。本丸御殿は、現在、耐震性の問題で残念ながら公開されていません。

家光以来、長らく二条城を訪れる徳川将軍はいなかったのですが、14代家茂が宿泊します。

その後、徳川幕府最後の将軍・15代慶喜が、慶応3年(1867)に大政奉還を行いました。

二条城は明治以降に宮内省の管轄になり、昭和14年(1939)、京都市に下賜されています。

大政奉還の舞台となった二の丸御殿は、遠侍(とおさむらい)、大広間、白書院、黒書院、式台、蘇鉄の間の6棟からなる武家風書院造りの建物です。二の丸御殿には、狩野探幽一門の障壁画が3000面以上あります。これらの障壁画は、寛政3年(1626)の後水尾天皇行幸にあわせて制作されたものです。平成17年(2005)に開館した展示・収蔵館では、二の丸御殿の配置通りの障壁画をガラス越しに見ることができます。

将軍が座る「一の間」などは、折上格天井(おりあげごうてんじょう)という格式ある天井になっています。敵の侵入を察知するために造られたといわれている「うぐいす張りの廊下」ですが、実は廊下に隙間が生まれたための偶然の産物なのだとか。

二の丸御殿の前に広がる池泉回遊式の二の丸庭園は、江戸前期に小堀遠州が改修にたずさわったといわれています。鶴島・亀島・蓬莱山などを配して、神泉蓬莱の世界を表現した二の丸庭園。様々な角度から見ることを考えて造られたため「八陣の庭」という別名も。

清流園は、角倉了以の屋敷の一部を移築して小川治兵衛が造った庭をその後改修し、昭和40年(1965)に完成した庭園です。東側は洋風、西側は池泉回遊式の庭園になっています。

平成25年(2013)に修復された唐破風造の唐門は、当時のきらびやかさを取り戻しました。

正式名称
元離宮二条城(もとりきゅうにじょうじょう)
拝観・開館時間
8:45~17:00(最終入場:16:00)
住所
京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
TEL
075-841-0096
拝観料
大人    600円
高校生   350円
中学生   350円
小学生   200円
小学生以下 無料

平成29年12月、平成30年1月の火曜日は、
大人    400円
高校生   200円
中学生   200円
小学生   200円
休日・休館
年末年始(12月26日~1月4日)
12月・1月・7月・8月の毎週火曜日(火曜日が休日の場合は,その翌日)
※平成29年12月,平成30年1月の火曜日は庭園のみ公開
交通案内
地下鉄東西線 二条城前駅下車
市バス    二条城前バス停下車

Instagram

#funjapo_二条城
とハッシュタグを入れて投稿して下さい

1km以内の観光スポット

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


一覧へ

周辺のおすすめ情報

TO TOP