観光

金閣寺・北野

平野神社 ~平安時代からの桜の名所~

平野神社 ~平安時代からの桜の名所~ 平野神社 ~平安時代からの桜の名所~ 平野神社 ~平安時代からの桜の名所~
平野神社 ~平安時代からの桜の名所~ 平野神社 ~平安時代からの桜の名所~ 平野神社 ~平安時代からの桜の名所~

平野神社は、平安遷都の年(794)に、平城宮からこの場所に移された神社です。平安宮の外にあった宮中神として、皇室関係者もたびたびご参拝に。後に源氏、平家の氏神となりました。

平野神社の本殿に祀られているのは、今木皇大神(いまきすめおおかみ)、久度大神(くどのおおかみ)、古開大神(ふるあきのおおかみ)、比賣大神(ひめのおおかみ)の4神です。

特に、竈(かまど)の神である久度大神(くどのおおかみ)は、京都で竈を意味する「おくどさん」の語源になったことで知られています。

本殿は、寛永2年(1625)に南殿、寛永9年(1632)に北殿が建立されました。二殿一体となった本殿が2棟南北に建つ、平野造(比翼春日造)と呼ばれる珍しい造りになっています。宮中神であったため、東向きで建てられました。

拝殿は、慶安3年(1650)、東福門院(後水尾天皇中宮・徳川秀忠の娘)が建立したもの。南門は、慶安4年(1651)、京都御所の旧門を下賜されたものです。

平野神社は、花山天皇が桜をお手植えされたことがきっかけで、桜の名所として知られるようになりました。

約60品種・約400本の桜があり、中には「魁(さきがけ)」、「平野寝覚(ひらののねざめ)」、「平野妹背(ひらのいもせ)」、「手弱女(たおやめ)」、「突羽根(つくばね)」などの珍しい種類も。また、有名な円山公園枝垂れ桜の原木もあります。

約1ヶ月半という長期に渡って様々な桜を楽しむことができ、期間中は夜桜ライトアップやコンサートなどのイベントも開催。

寛和元年(985)、花山天皇が花見を行った毎年4月10日には、桜花祭が執り行われます。

正式名称
平野神社(ひらのじんじゃ)
拝観・開館時間
6:00~17:00
桜開花時期のみ夜間開館(日没~20:00~21:00頃まで)
住所
京都市北区平野宮本町1
TEL
075-461-4450
拝観料
無料
休日・休館
無休
交通案内
市バス 衣笠校前バス停下車 徒歩約2分

Instagram

#funjapo_平野神社
とハッシュタグを入れて投稿して下さい

1km以内の観光スポット

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


一覧へ

周辺のおすすめ情報

TO TOP