観光

宇治・伏見・山科

醍醐の花見で知られる醍醐寺

醍醐の花見で知られる醍醐寺 醍醐の花見で知られる醍醐寺 醍醐の花見で知られる醍醐寺 醍醐の花見で知られる醍醐寺 醍醐の花見で知られる醍醐寺 醍醐の花見で知られる醍醐寺 醍醐の花見で知られる醍醐寺 醍醐の花見で知られる醍醐寺
醍醐の花見で知られる醍醐寺 醍醐の花見で知られる醍醐寺 醍醐の花見で知られる醍醐寺 醍醐の花見で知られる醍醐寺 醍醐の花見で知られる醍醐寺 醍醐の花見で知られる醍醐寺 醍醐の花見で知られる醍醐寺 醍醐の花見で知られる醍醐寺

醍醐寺は山上の「上醍醐」、山のふもとにある「下醍醐」からなります。醍醐山(笠取山)全域・200万坪の広さをほこる真言宗のお寺です。

「醍醐」とは最上のものという意味で、チーズに似た乳製品のことも指します。豊臣秀吉が醍醐の花見を開催したため、桜の名所としても知られる醍醐寺。「古都京都の文化財」の構成要素として、世界遺産に選ばれています。

醍醐寺のはじまりは上醍醐から。貞観16年(874)に理源大師・聖宝(しょうぼう)が醍醐山に登り、人間に姿を変えた守り神・横尾明神に出会います。横尾明神が湧き出ていた水を飲んで「醍醐味なるかな」と言い、聖宝も続いて飲んだらその通りだったので、准胝観音・如意輪観音をこの場所に祀りました。湧き出ていた醍醐水は、現在も同じ場所で飲むことができます。

その後、延喜7(907)、醍醐天皇の依頼により薬師堂が完成し、続いて五大堂も建てられます。上醍醐の伽藍が完成したタイミングで下醍醐の伽藍の建設が始まり、延長4年(926)に釈迦堂が、天暦5年(951)に五重塔が完成しました。

京都最古の木造建築である五重塔は、天暦5(951)に完成しました。高さ37mで、上に行くほど屋根が小さくなっています。醍醐天皇の菩提を弔うため、15年かけて建てられました。

応仁の乱の時に、下醍醐の伽藍は五重塔以外すべて焼失してしまいます。その後、「醍醐の花見」をきっかけに、慶長3年(1598)に義演(ぎえん)僧正が再興を開始しました。

三宝院は、永久3年(1115)、14代の勝覚僧正により創建された塔頭です。長谷川等伯一門の障壁画のある表書院、唐門などからなります。

三宝院庭園は慶長3年(1598)の「醍醐の花見」にあわせて、豊臣秀吉が自ら設計して造った池泉庭園です。自宅の聚楽第から移した藤戸石やソテツなども配置されています。

下醍醐の金堂も、同じく醍醐の花見に合わせ、紀州湯浅の満願寺から移された平安時代後期の建物です。

秀吉は、醍醐の花見のために700本の桜の木を集めました。花見の参加人数は1300人だったそうです。毎年4月の第2日曜には、この花見にちなみ、豊太閤花見行列が開催されています。

正式名称
醍醐寺(だいごじ)
拝観・開館時間
下醍醐:夏季(3月~12月第1日曜):9:00~17:00
冬季(12月第1日曜翌日~2月末日):9:00~16:30
(発券は閉門1時間前、入場は閉門30分前まで)
上醍醐:夏季:9:00~16:00
冬季:9:00~15:00
住所
京都市伏見区醍醐東大路町22
TEL
075-571-0002
拝観料
下醍醐
(三宝院・霊宝館・伽藍拝観券)

通常期:
大人    800円   
高校生   600円 
中学生   600円 
小学生以下 無料

春・秋:
(3月20日~5月15日・10月15日~12月10日)
大 人   1500円
高校生 1000円
中学生 1000円
小学生以下 無料

上醍醐入山料:
大 人 600円(拝観券ありの場合500円)
高校生 400円(拝観券ありの場合300円)
中学生 400円(拝観券ありの場合300円)
小学生以下 無料
休日・休館
無休
交通案内
地下鉄東西線 醍醐駅下車 徒歩10分
京阪バス   醍醐寺前バス停下車 すぐ

Instagram

#funjapo_醍醐寺
とハッシュタグを入れて投稿して下さい

1km以内の観光スポット

登録されていません。

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


一覧へ

周辺のおすすめ情報

TO TOP