観光

銀閣寺・岡崎

銀閣寺 ~侘び・寂び文化の象徴~

銀閣寺 ~侘び・寂び文化の象徴~ 銀閣寺 ~侘び・寂び文化の象徴~
銀閣寺 ~侘び・寂び文化の象徴~ 銀閣寺 ~侘び・寂び文化の象徴~

銀閣寺は、文明14年(1482)から8年をかけて、室町幕府8代将軍・足利義政により、応仁の乱で焼けた浄土寺跡地に建てられました。浄土寺は、足利義政の弟・義視(よしみ)が僧侶だった時代に住んでいた場所です。金閣寺と同じく臨済宗相国寺の塔頭の1つで、「古都京都の文化財」の構成要素として世界遺産に登録されています。

もともとは、祖父である足利義満の別荘「北山殿」を模し、別荘「東山殿」として使われていました。義政の死後、遺言にもとづき、禅宗寺院にするため夢窓疎石が開山。義政の法号から文字を取り、慈照寺と名づけられました。しかし、観音堂が「銀閣」と呼ばれ親しまれているため、銀閣寺と呼ばれることが多いです。「東山殿」を中心に開花した東山文化は、公家文化・武家文化・禅宗文化が融合し、わびさびなど落ち着いた風情を特徴としました。

銀閣寺に入ると、防衛のために作られた高さ5mの銀閣寺垣を通り抜けた中門の先に、錦鏡池(きんきょうち)を中心とした池泉回遊式の庭が広がります。銀閣寺の境内は2層式の庭園になっていて、池泉回遊式の庭の上には、京都の白川砂を使った枯山水風の庭が。富士山のような形の円錐形の向月台(こうげつだい)は高さ165cm。ストライプ模様の銀沙灘(ぎんしゃだん)はさざ波を表現したものです。造園は善阿弥(ぜんあみ)が担当・指導を行いました。

錦鏡池の前に建つ「銀閣」と呼ばれる観音堂は、下層の心空殿(しんくうでん)と上層の聴音閣(ちょうおんかく)の2層からなります。下層は書院造で、上層は仏堂として観音様を安置。「銀閣」と呼ばれていますが、銀箔は貼られたことはなく、黒い漆塗りの外観です。屋根のてっぺんには、金銅製の鳳凰が飾られています。

義政が仏を安置する場所として建てた東求堂(とうぐどう)と観音堂のみは、創建当時の姿を残しています。日本で最古の書院造建築である東求堂には4つの部屋があり、その1つが同仁斎(どうじんさい)と呼ばれる茶室です。義政の生前は書斎として使われていました。現在の茶室が4畳半になったのは、同仁斎が4畳半だったことがきっかけともいわれています。

本堂には池大雅(いけのたいが)や与謝蕪村(よさぶそん)の襖絵の複製を展示。原画は、相国寺承天閣美術館に保管されています。

東求堂や本堂などは、春や秋の特別公開時にのみ、内部見学が可能です。

他にも、義政がお茶を飲むための水を汲んだお茶の井、市松模様の銀閣寺型手水鉢などの見所が。展望台からは、銀閣寺や京都の町を一望することができます。

銀閣寺の見学後は、若王子神社まで約2km続く哲学の道の散策もおすすめです。

正式名称
慈照寺(じしょうじ)
拝観・開館時間
夏季(3月~11月):8:30~17:00
冬季(12月~2月):9:00~16:30(特別拝観時は時間が異なる場合もあり)
住所
京都市左京区銀閣寺町2
TEL
075-771-5725
拝観料
大人  500円
高校生 500円
中学生 300円
小学生 300円
(特別拝観時は別途1000円が必要)
休日・休館
無休
交通案内
市バス 銀閣寺道バス停下車 徒歩約10分
市バス 銀閣寺前バス停下車 徒歩約5分

Instagram

#funjapo_銀閣寺
とハッシュタグを入れて投稿して下さい

1km以内の観光スポット

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


一覧へ

周辺のおすすめ情報

TO TOP