おすすめ情報

  • 観光
  • 銀閣寺・岡崎

【京都観光2021】桜の名所を巡るモデルコース!六角堂~平安神宮~蹴上インクライン

【京都観光2021】桜の名所を巡るモデルコース!六角堂~平安神宮~蹴上インクライン

春に京都を訪れるのであれば、やはり桜の名所巡りは外せないもの。
この記事では平安神宮蹴上インクラインのような京都屈指の桜スポットをモデルコースとして設定。各エリアの移動方法桜情報、寄っておきたい近場の名店まで細かくお教えしています。
春の京都観光と花見旅、どちらもしっかり楽しみたい方は必見ですよ。

【タイムスケジュール】

  • 09:00 六角堂(滞在45分)
  • 10:00 京都御苑(滞在1時間15分)
  • 13:00 平安神宮(滞在1時間15分)
  • 14:30 蹴上インクライン(滞在1時間)

 

まるで桜の和傘!「六角堂」の早咲き桜

六角堂

始めに訪れるのは生け花発祥の地として知られる「六角堂」
鎮座するのは京都市営地下鉄「四条」駅及び「烏丸御池」駅から徒歩数分のエリア。烏丸通から六角通を東に曲がってすぐの場所にあります。

こちらで注目したいのは、「御幸桜」という早咲きの桜。本堂前に堂々と枝を伸ばすこの桜は、支えの木により本堂と同じ六角形の姿。まるで桜の和傘のようなその様子は、はんなりとした京都らしさを感じさせます。
聞けば六角堂は縁結びのご利益もあるのだとか。素敵な桜と縁結び、両方を兼ね備えた街中きっての桜名所はこの春マストチェックです。

正式名称 紫雲山頂法寺(通称名称:六角堂)
住所 京都府京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町
電話番号 075-221-2686
公式ホームページ http://www.ikenobo.jp/rokkakudo/
拝観時間 6:00~17:00(※納経時間は8:00~17:00)
料金 無料
駐車場 無し(近くに有料駐車場あり)
アクセス 京都市営地下鉄「烏丸御池」駅から徒歩3分

 

多種多様な桜が楽しめる「京都御苑」

京都御所 桜 京都観光

お次の目的地は京都の中心的存在「京都御苑」
六角堂からは、先ほどの「四条」駅もしくは「烏丸御池」駅より地下鉄に乗り「丸太町」駅「今出川」駅下車すれば簡単に向かえます。
ちなみに、京都御苑の敷地は東西南北ともに広大。そのため「まず御苑内のどこを目指すか」によって、丸太町駅か今出川駅のどちらで降りるかを選ぶと良いでしょう。

京都御苑に咲く桜はおよそ1100本。種類もさまざまなため見ごろの時期も幅広く、3月下旬から4月下旬にかけてはいつ訪れても華やかな桜を愛でることができます。
また、メジャーなソメイヨシノやヤマザクラ以外にも、京都有数の早咲き桜「糸桜」「桜松」「車返桜」など、他ではあまりお目にかかれない桜が見られるのもこちらの特徴。
これだけ桜を楽しめるのになんと入園料は無料。お財布にも優しい京都御苑、ぜひ訪れたい桜スポットです。

施設名 京都御苑
住所 京都府京都市上京区京都御苑3
電話番号 075-211-6364
公式ホームページ http://fng.or.jp/kyoto/
営業時間 24時間自由
料金 無料
駐車場 あり(有料)
アクセス 京都市営地下鉄「丸太町」駅から徒歩1分

 

文豪が認めた!「平安神宮」の紅しだれ桜

平安神宮 ~しだれ桜と桜みくじ~

京都御苑をあとにして向かうのは、京都一の大鳥居で有名な「平安神宮」
アクセスは「丸太町」駅「今出川」駅地下鉄に乗車後「烏丸御池」駅で東西線に乗り換え「東山」で下車、その後徒歩で目指せばスムーズにたどり着けます。
そしてスケジュール通りに行動していれば時間的にはお昼。平安神宮の付近は飲食店が豊富な他、「十二十二(トニトニ)」という土産物屋&飲食店の集合施設もありますので、好みに合った場所で昼食をとってください。

平安神宮の桜と言えば、文豪・谷崎潤一郎の小説にも登場した紅しだれ桜。神苑に咲き乱れるその姿は、盛りの時期だとまるで桃源郷のようです。
この紅しだれ桜を写真に収めたい場合は、神苑の東から池を挟んで見える貴賓館との共演図がFunJapoのイチ押し。水鏡となった池に映る桜と地上の桜を、和風の建物がより引き立てます。
そして平安神宮を訪れるにあたりもうひとつ知っておきたいのが、近くに店を構える「六盛」という高級料亭の備え付けカフェ。桜のフレーバーもある名物のスフレは、一度は味わいたい至福の味。スイーツ好きの方はぜひチェックしてくださいね。

施設名 平安神宮
住所 京都府京都市左京区岡崎西天王町97
電話番号 075-761-022
公式ホームページ http://www.heianjingu.or.jp/
拝観時間 6:00~18:00
神苑拝観受付時間8:30~17:30
(※いずれも3月15日~9月30日)
料金 基本無料
神苑600円
駐車場 無し(近くに有料駐車場あり)
アクセス 京都市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」から徒歩5分

 

レトロな線路×桜の共演「蹴上インクライン」

蹴上インクライン 桜

1日続いた桜名所巡り。旅を締めくくるのは京都では珍しい鉄道跡「蹴上インクライン」です。
場所は「蹴上」駅のすぐ近く。「東山」駅から地下鉄で目指すのもいいですが、体力に余裕があれば岡崎界隈を散策しつつ、20分ほどかけて徒歩で向かうのもおすすめです。

蹴上インクラインは物資を運ぶ際に使用されていた線路で、現在は休止中。この時期は線路沿いに植えられた桜見事なアーチを作り、訪れた人々を魅了します。
線路内は自由に立ち入りできるため、散歩することももちろん可能。線路と桜のノスタルジックな光景を存分に撮影することができます。
王道な京都の桜とはひと味違うレトロな蹴上インクラインの桜。フォトジェニックな1枚を狙いたい方にはうってつけの場所です。

施設名 蹴上インクライン
住所 京都府京都市左京区粟田口山下町~南禅寺草川町
電話番号 075-761-3171(京都市上下水道局)
公式ホームページ 無し
営業時間 24時間自由
料金 無料
駐車場 無し(近くに有料駐車場あり)
アクセス 京都市営地下鉄「蹴上」下車すぐ

この時期の桜は一期一会。
その日訪れた桜スポットを逃さず満喫できるよう、事前にきっちり予習しておきたいところですね。

1km以内のおすすめ情報スポット

登録されていません。

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


一覧へ

周辺のおすすめ情報

TO TOP