観光

京都御所・二条城

神泉苑 ~花見や祇園祭の発祥地~

神泉苑 ~花見や祇園祭の発祥地~ 神泉苑 ~花見や祇園祭の発祥地~
神泉苑 ~花見や祇園祭の発祥地~ 神泉苑 ~花見や祇園祭の発祥地~

神泉苑は、延暦13年(794)、平安遷都の年に造られた宮中附属の庭園で、大内裏の南東に位置していました。かつては、二条城から三条通りにかけて広大な敷地を有し、御池通は神泉苑の池へと続く道であったことから命名されたそうです。

弘仁3年(812)に花見が行われたという記録があり、日本での花見発祥の地とされています。

天長2年(824)、弘法大師が雨乞いのため、池に北天竺から善女龍王の霊を呼び寄せました。池には、善女龍王を祀る善女龍王社(ぜんにょりゅうおうしゃ)が今も残されています。池には、願い事を念じながら渡ると叶うと言われている、朱塗りの法成橋(ほうじょうばし)も。

貞観5年(863)に疫病を鎮めるための御霊会が開かれたのが、祇園祭のはじまり。

醍醐天皇が訪問された際に、飛び立とうとした鷺が命令を聞いてひれ伏したため、五位の位を与えられたことが、五位鷺(ごいさぎ)の名前の由来です。

神泉苑は静御前と源義経が出会った場所としても知られ、静御前と源義経の御朱印も。

歳徳神を祀る恵方社(えほうさん)は、毎年、社殿をその年の恵方に移動しています。

神泉苑では、毎年5月には神泉苑祭、11月には神泉苑狂言が執り行われます。

正式名称
神泉苑(しんせんえん)
拝観・開館時間
8:30~20:00
桜や紅葉時期のライトアップ期間は延長あり
住所
京都市中京区御池通神泉苑町東入る門前町166
TEL
075-821-1466
拝観料
無料
休日・休館
無休
交通案内
阪急電車 四条大宮駅下車    徒歩10分
JR    ニ条駅下車      徒歩10分
地下鉄東西線 二条城前駅下車  徒歩2分
市バス  神泉苑前バス停下車  すぐ
市バス  堀川御池バス停下車  徒歩5分

Instagram

#funjapo_神泉苑
とハッシュタグを入れて投稿して下さい

1km以内の観光スポット

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


一覧へ

周辺のおすすめ情報

TO TOP