イベント情報

04/1004/12

城南宮の方除大祭~奉納芸能と神苑の紅しだれ桜~

城南宮の方除大祭~奉納芸能と神苑の紅しだれ桜~ 城南宮の方除大祭~奉納芸能と神苑の紅しだれ桜~ 城南宮の方除大祭~奉納芸能と神苑の紅しだれ桜~
城南宮の方除大祭~奉納芸能と神苑の紅しだれ桜~ 城南宮の方除大祭~奉納芸能と神苑の紅しだれ桜~ 城南宮の方除大祭~奉納芸能と神苑の紅しだれ桜~

城南宮(じょうなんぐう)は、平安京を南から守るため、平安京遷都と共に創建された神社です。また、かつてはこの地にあった城南寺の鎮守社として建てられたという説もあります。

平安時代の後期には、白河上皇や鳥羽上皇が城南離宮(鳥羽離宮)を造り、院政を敷いたため、城南宮は隆盛を極めました。また、このころから方除けの神としても知られるようになりました。承久3年(1221)には後鳥羽上皇がこの場所で兵を集め、承久の乱を起こします。南北朝時代には荒廃したため、城南寺が無くなり城南宮のみ残されました。江戸時代には、孝明天皇が正月・五月・九月にご祈祷を行い、現在でも「正五九(しょうごく)参り」として、この慣習が残されています。城南宮は、明治時代に鳥羽伏見の戦いが始まった場所でもあります。

方除大祭は、方位に関する災難に遭わず、一年間無事に過ごせたことを城南大神に感謝するため、本殿で執り行われる行事です。

その後、拝殿にて、1日目は講談、2日目は太神楽曲芸、3日目は石見神楽が奉納されます。3日とも、10:40、13:40の1日2回開催です。

他に、嵯峨御流の花展、絵馬舎での甘酒の無料接待なども。

この時期は、神苑の紅しだれ桜も見ごろを迎えます。神苑「楽水苑」(らくすいえん)は、白河上皇が「源氏物語」の光源氏の庭に影響を受けて造った、城南離宮の一部だった場所です。神苑には「源氏物語」に登場する80種ほどの植物が植えられています。

城南宮Webサイト http://www.jonangu.com/index.html

開催期間
2020年4月10日(金) ~ 2020年4月12日(日)
開催時間
9:00~16:00
正式名称
方除大祭(ほうよけたいさい)
住所
城南宮:京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
料金
無料(神苑「楽水苑」の入場は有料)

内容や日時が変更になる場合がございますので、
最新の情報は対象施設またはイベントの運営事務局までお問合せください。

近隣のイベント情報スポット

  • 05/0505/05

    藤森神社の藤森祭~馬上で技を披露する駈馬神事~   

    藤森神社の藤森祭~馬上で技を披露する駈馬神事~   

    藤森神社は、神功摂政3年(203)、ご祭神の1人である神功皇后が新羅から凱旋した際に、旗と武器を納めたことからはじまったといわれています。藤森神社には3つ……

    詳細を見る
  • 04/2104/21

    松尾大社の松尾祭(神幸祭)~神輿が川の対岸へ渡る船渡御~ 

    松尾大社の松尾祭(神幸祭)~神輿が川の対岸へ渡る船渡御~ 

    約1000年の歴史がある松尾大社の松尾祭。かつては松尾の国祭と呼ばれていました。松尾祭(神幸祭)は、唐櫃(からびつ)と6基の神輿が桂川を船で渡る船渡御で知……

    詳細を見る
  • 06/0506/05

    縣神社の縣祭~暗闇で行なわれる渡御~ 

    縣神社のご祭神は木花開耶姫(このはなさくやひめ)。別名・神吾田(かみあがた)、吾田津姫(あがたつひめ)とも呼ばれています。その別名から神社名がとられたとい……

    詳細を見る

イベント情報の一覧へ

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


辺のおすすめ情報

TO TOP