イベント情報

06/0506/05

縣神社の縣祭~暗闇で行なわれる渡御~ 

縣神社のご祭神は木花開耶姫(このはなさくやひめ)。別名・神吾田(かみあがた)、吾田津姫(あがたつひめ)とも呼ばれています。その別名から神社名がとられたという説、上代に宇治県(うじあがた)の守護神として創建されたことに由来しているという説があります。

縣祭は、朝御饌(みけ)の儀から始まり、夕方に夕御饌の儀、そして縣祭の代名詞ともいえる梵天渡御でフィナーレを迎えます。

5日から6日の深夜にかけて行われる梵天渡御。「暗闇の奇祭」という別名もあります。約1600枚ほどの奉書紙(御幣)を丸く束ね、長さ2mほどの竹にとりつけた梵天神輿が、街灯が消えた暗闇の中を練り歩くお祭りです。もともとは、縣神社と縣祭奉賛会が共同で行っていましたが、2004年からは別々に開催しています。

縣祭奉賛会の梵天は、23:00に宇治神社御旅所を出発。JR宇治駅前を通り、宇治橋西詰で折り返します。途中で、梵天を激しく回す「ぶん回し」も開催。宇治神社では、幣渡祭という行事名になっています。縣神社と宇治神社は、明治時代の神仏分離令までは共に平等院の鎮守社でした。

県神社の梵天は、6日0:00ころ暗闇で神遷しされた後、県神社周辺を渡御。途中で「ぶん回し」も行います。境内に梵天が戻った後、還幸祭を行ない、縣祭が終了するのは1:00ごろです。

縣祭の当日は、あがた通り、本町通り(県神社御旅線)、新町通りに露店が500店ほど立ち並び、約13万の人で賑わいます。

縣神社Webサイト http://www.agatajinjya.com/

開催期間
2020年6月5日(金) ~ 2020年6月5日(金)
開催時間
10:00~1:00
正式名称
縣(あがた)祭(例祭)
住所
縣(あがた)神社:京都府宇治市宇治蓮華72
料金
無料

内容や日時が変更になる場合がございますので、
最新の情報は対象施設またはイベントの運営事務局までお問合せください。

近隣のイベント情報スポット

  • 05/0505/05

    藤森神社の藤森祭~馬上で技を披露する駈馬神事~   

    藤森神社の藤森祭~馬上で技を披露する駈馬神事~   

    藤森神社は、神功摂政3年(203)、ご祭神の1人である神功皇后が新羅から凱旋した際に、旗と武器を納めたことからはじまったといわれています。藤森神社には3つ……

    詳細を見る
  • 04/2104/21

    松尾大社の松尾祭(神幸祭)~神輿が川の対岸へ渡る船渡御~ 

    松尾大社の松尾祭(神幸祭)~神輿が川の対岸へ渡る船渡御~ 

    約1000年の歴史がある松尾大社の松尾祭。かつては松尾の国祭と呼ばれていました。松尾祭(神幸祭)は、唐櫃(からびつ)と6基の神輿が桂川を船で渡る船渡御で知……

    詳細を見る
  • 04/1704/17

    御香宮神社の例大祭~舞楽奉納とおそらく椿~

    御香宮神社の例大祭~舞楽奉納とおそらく椿~

    安産のご利益で知られる御香宮神社。貞観4年(862)に境内から良い香の水がわき、その水を飲むと病気が治ったことから、清和天皇が「御香宮」(ごこうのみや)と……

    詳細を見る

イベント情報の一覧へ

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


辺のおすすめ情報

TO TOP