イベント情報

01/0701/07

御香宮神社の七種神事(七草粥)~無病息災を願う七草粥~ 

七草粥は、春の七草である、せり(芹)・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな(かぶ(ら)・蕪)・すずしろ(大根)が入ったお粥です。

1月7日に七草粥を食べる習慣ができたのは、人日(じんじつ)の影響です。

人日とは、前漢(中国)から伝わった占いの本に書かれた、正月1日に鶏、2日に狗(いぬ)、3日に羊、4日に猪、5日に牛、6日に馬、7日に人、8日に穀物を占って、当日に占ったものは刑を行わず(殺さず)、1月7日にはその代わりに七種菜羹を食べたという習慣が伝わったもの。

また、もともと日本には正月の最初の子(ね)の日に小松を引き抜いたり、若菜摘みを行ったりするという慣習もありました。宮中では、1月15日に米、粟(あわ)、黍(きび)、稗子(ひえ)、葟(みの)、胡麻(ごま)、小豆(あずき)の7種粥を食べていたそう。

江戸時代に人日が五節句の1つに選ばれたため、一般の人にもその習慣が広がり、七草粥を食べて病を防ぎ、長寿を願う行事となります。

御香宮神社では、本殿で七種神事が執り行われた後、神事でお供えした七草をお粥にします。七草やお米は氏子などが持ち寄ったもの、水は御香宮神社の境内から湧き出る「御香水」を使用。1年の無病息災を願い、参拝者にふるまいます。

1時間以上前から行列ができる人気の七草粥。数量限定なのでお早めに。

御香宮神社Webサイト http://gokounomiya.kyoto.jp/

開催期間
2020年1月7日(火) ~ 2020年1月7日(火)
開催時間
9:00~11:00(予定)
正式名称
七種神事(しちしゅしんじ)(七草粥・ななくさがゆ)
住所
御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ):京都市伏見区御香宮門前町174
料金
七草粥:300円

内容や日時が変更になる場合がございますので、
最新の情報は対象施設またはイベントの運営事務局までお問合せください。

近隣のイベント情報スポット

  • 05/0505/05

    藤森神社の藤森祭~馬上で技を披露する駈馬神事~   

    藤森神社の藤森祭~馬上で技を披露する駈馬神事~   

    藤森神社は、神功摂政3年(203)、ご祭神の1人である神功皇后が新羅から凱旋した際に、旗と武器を納めたことからはじまったといわれています。藤森神社には3つ……

    詳細を見る
  • 04/2104/21

    松尾大社の松尾祭(神幸祭)~神輿が川の対岸へ渡る船渡御~ 

    松尾大社の松尾祭(神幸祭)~神輿が川の対岸へ渡る船渡御~ 

    約1000年の歴史がある松尾大社の松尾祭。かつては松尾の国祭と呼ばれていました。松尾祭(神幸祭)は、唐櫃(からびつ)と6基の神輿が桂川を船で渡る船渡御で知……

    詳細を見る
  • 06/0506/05

    縣神社の縣祭~暗闇で行なわれる渡御~ 

    縣神社のご祭神は木花開耶姫(このはなさくやひめ)。別名・神吾田(かみあがた)、吾田津姫(あがたつひめ)とも呼ばれています。その別名から神社名がとられたとい……

    詳細を見る

イベント情報の一覧へ

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


辺のおすすめ情報

TO TOP