イベント情報

07/1907/28

下鴨神社の御手洗祭~御手洗池につかり身を清める~ 

下鴨神社の御手洗祭~御手洗池につかり身を清める~  下鴨神社の御手洗祭~御手洗池につかり身を清める~  下鴨神社の御手洗祭~御手洗池につかり身を清める~ 
下鴨神社の御手洗祭~御手洗池につかり身を清める~  下鴨神社の御手洗祭~御手洗池につかり身を清める~  下鴨神社の御手洗祭~御手洗池につかり身を清める~ 

御手洗祭は、土用の丑の日(7/20)前後5日間に開催されるお祭りです(開催日は現時点で未定)。別名「足つけ神事」。

平安時代に貴族の間で行われていた「みそぎ祓い」の風習が、室町時代に庶民にも広がりました。土用の丑の日に境内の御手洗池に足をひたし、御灯明を神前にお供えすると、罪やけがれを祓い、無病息災で過ごせるといわれています。御手洗池には、この祭りの期間だけ入ることが許されています。水の深さが膝くらいまであるので、丈の短いスカートやショートパンツ、裾をめくりやすいズボンなどの着用やタオルの持参をおすすめします。

御手洗池の井戸の上に祀られている御手洗社(井上社)のご祭神は、瀬織津比売命(せおりつひめのみこと)。罪やけがれを海に祓う神様です。

御手洗池は、御手洗団子の発祥地としても知られています。後醍醐天皇がご覧になった御手洗池に浮かぶ水泡の形が、御手洗団子の形となりました。通常の御手洗団子はすべて均等に並んでいますが、下鴨神社の御手洗団子は、1つ目から少し離れて、2つ目から5つ目の団子が串にささっています。この御手洗団子は、1つ目が頭、後の4つが体をあらわし、厄除けの人形をかたどったともいわれています。

御手洗団子は門前の「加茂みたらし茶屋」で1年中食べることができますが、御手洗祭期間中は境内でも食べることができます。

下鴨神社Webサイト http://www.shimogamo-jinja.or.jp/

開催期間
2019年7月19日(金) ~ 2019年7月28日(日)
開催時間
5:30~21:00(初日のみ9:00~)
正式名称
御手洗祭(みたらしまつり)
住所
下鴨神社(しもがもじんじゃ):京都市左京区下鴨泉川町59
料金
御灯明料:300円

内容や日時が変更になる場合がございますので、
最新の情報は対象施設またはイベントの運営事務局までお問合せください。

近隣のイベント情報スポット

  • 08/1508/15

    涌泉寺の松ヶ崎題目踊り・さし踊り~盆踊りの元祖~ 

    松ヶ崎題目踊りは、徳治2年(1307)に、村民の多くが天台宗から日蓮宗に改宗したことを記念して作られた踊りという説があります。また、戦国時代に布教のために……

    詳細を見る
  • 05/0505/05

    赤山禅院の泰山府君祭~大阿闍梨による加持・祈祷~

    赤山禅院の泰山府君祭~大阿闍梨による加持・祈祷~

    赤山禅院は、比叡山延暦寺の三世・慈覚大師円仁の遺言により、仁和4年(888)、塔頭の1つとして建てられました。赤山禅院の御祭神である泰山府君は中国の泰山に……

    詳細を見る
  • 05/1505/15

    下鴨神社・上賀茂神社の賀茂祭(葵祭)~平安朝を今に再現~ 

    下鴨神社・上賀茂神社の賀茂祭(葵祭)~平安朝を今に再現~ 

    京都3大祭りの1つである賀茂祭(葵祭)は、上賀茂神社と下鴨神社のお祭りです。

    賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)を祀る上賀茂神社と賀茂別……

    詳細を見る

イベント情報の一覧へ

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


辺のおすすめ情報

TO TOP