観光

一乗寺・北山

下鴨神社 ~緑あふれる糺の森に囲まれた神社~

下鴨神社 ~緑あふれる糺の森に囲まれた神社~ 下鴨神社 ~緑あふれる糺の森に囲まれた神社~ 下鴨神社 ~緑あふれる糺の森に囲まれた神社~
下鴨神社 ~緑あふれる糺の森に囲まれた神社~ 下鴨神社 ~緑あふれる糺の森に囲まれた神社~ 下鴨神社 ~緑あふれる糺の森に囲まれた神社~

下鴨神社が創建された時期ははっきりとはしていませんが、崇神7年(BC90)のころには既にあったとされ、京都の中では最も歴史のある神社の1つです。「古都京都の文化財」の構成要素として、世界遺産にも選ばれています。

もともと、上賀茂神社と下鴨神社は一緒でしたが、8世紀ころに分祀。

上賀茂神社に祀られている賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)の祖父である賀茂建角身命(かもたけつのみのみこと)が西本殿に、加茂別雷命の母である玉依媛命(たまよりひめのみこと)が東本殿に祀られているため、正式名称が賀茂御祖神社という名前になりました。賀茂建角身命は厄除け・交通安全などの神、玉依媛命は安産・縁結びなどの神です。賀茂建角身命は、神武天皇の軍隊を八咫烏(やたがらす)に姿を変えて導き、勝利に貢献したという伝説があります。八咫烏は日本サッカー協会のシンボルマークとして知られ、境内には八咫烏を祀る任部社(とべしゃ)も。

玉依媛命の兄で、賀茂建角身命の子である玉依日子(たまよりひこ)は賀茂氏の先祖とされ、下鴨神社の神官は、代々賀茂氏の子孫がつとめてきました。

下鴨神社の境内には、約12万平方メートルの広さを誇る糺の森(ただすのもり)が広がります。糺の森は、毎年夏に開催される古本市の会場としても知られています。

緑に囲まれた約500mほどの参道を抜けた先には、寛永5年(1628)に建て替えられたといわれている朱塗りの楼門。

楼門のそばにある相生社(あいおいしゃ)には、2本の木が途中から1本になる「連理の賢木(れんりのさかき)」があり、縁結びのパワースポットとして知られています。相生社では、縁結びおみくじや絵馬などの縁結びグッズなどを購入することができます。

御手洗社(みたらししゃ)には、御手洗池があります。池にできた水の泡の形をかたどって、みたらし団子が生まれたといわれているため、下鴨神社のそばには「加茂みたらし茶屋」というみたらし団子専門店もあります。

下鴨神社の摂社である河合神社は、美人祈願の神様として知られています。顔のイラストが描かれた鏡絵馬を自分の顔に見立てて、神社に置かれたクレヨンなどでお化粧。裏面には願い事を書いて奉納しましょう。河合神社には、この神社の神官の子であった鴨長明が方丈記を書いたとされる家を再現した方丈の庵もあります。

京都3大祭の1つである、5月15日に行われる葵祭は、欽明5年(544)4月から行われたと言われています。中世までは正式名称である賀茂祭という名で呼ばれていました。江戸時代に約200年ぶりに復活してから、葵祭と呼ばれるようになったそうです。祭りに参加する人や馬などすべてに葵の葉を飾るため、この名前がつきました。下鴨神社では、双葉葵をかたどったハート形の葵の御守も販売されています。

京都御所から下鴨神社を経て、上賀茂神社に至る約8kmのパレード・路頭の儀が、葵祭のメインイベントです。平安貴族に扮した500人以上、馬36頭、牛4頭、牛車2台、輿1台による行列は、さながら王朝絵巻のよう。

団体のみ受付の特別拝観では、葵祭以外ではなかなか見ることのできない十二単衣の着付けを行う過程や、葵祭関係資料なども1年中(元旦と葵祭開催日を除く)見学可能です。

正式名称
賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)
拝観・開館時間
6:30~17:00
大炊殿・鴨社資料館秀穂舎:10:00~16:00
住所
京都市左京区下鴨泉川町59
TEL
075-781-0010
拝観料
無料

大炊殿・鴨長明の方丈庵と鴨社資料館秀穂舎:
(方丈庵は事前問い合わせが必要)
大人  500円 
大学生 500円 
高校生 500円 
中学生以下無料  
休日・休館
無休
交通案内
京阪電車 出町柳駅下車    徒歩約10分
市バス 下鴨神社前バス停下車 徒歩約5分

Instagram

#funjapo_下鴨神社
とハッシュタグを入れて投稿して下さい

1km以内の観光スポット

登録されていません。

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


一覧へ

周辺のおすすめ情報

TO TOP