観光

嵐山・松尾・太秦

善峯寺 ~桂昌院ゆかりの花の寺~

善峯寺 ~桂昌院ゆかりの花の寺~ 善峯寺 ~桂昌院ゆかりの花の寺~ 善峯寺 ~桂昌院ゆかりの花の寺~
善峯寺 ~桂昌院ゆかりの花の寺~ 善峯寺 ~桂昌院ゆかりの花の寺~ 善峯寺 ~桂昌院ゆかりの花の寺~

善峯寺は、長元2年(1029)、源算(げんざん)上人が創建。西山の釈迦岳の中腹に位置する西国三十三所二十番札所です。境内は3万坪の広さを誇り、一番奥にある薬師堂やけいしょう殿からは京都市内を一望することができます。

寺名の由来は諸説あり、長元7年(1034)、後一条天皇から「良峯寺」という寺名を与えられたという説、建久3年(1192)に、後鳥羽天皇から「善峯寺」という寺名が書かれた額を賜ったという説などがあります。

母・藤原茂子が善峯寺に祈願して白河天皇が無事誕生したことや、干ばつに悩む京都の町に源算が雨を降らせたことなどから、天皇家の御崇敬を受けましたが、応仁の乱によって、多くの建物を焼失。

江戸時代になり、徳川5代将軍綱吉の母・桂昌院が、現在残る多くの伽藍を寄進しました。また、ゆかりの品・約1200点を寄贈します。

本堂である観音堂は、元禄5年(1692)再建。仁弘が平安時代に作った千手観世音菩薩がご本尊です。正徳6年(1716)建立の山門には、源頼朝が寄進した運慶作の金剛力士も。

多宝塔前の樹齢600年以上の五葉松「遊龍の松」は、高さ2m、全長37m。龍の姿に似ていることからこの名がつきました。宝永2年(1705)に建立した経堂の前には、桂昌院お手植えの樹齢約300年にあるしだれ桜が。他にも、境内では春から秋にかけて、様々な花を楽しむことができます。

観音堂では、「腰痛神経痛お守り」や 入学成就のお守りとしても知られる「おちないお守り 」などを授与することができます。

正式名称
善峯寺(よしみねでら)
拝観・開館時間
8:00~17:00(受付終了:16:45)
12月31日:23:45~1:15は開門
1月1日:6:30開門(雨天時は通常通り)
住所
京都市西京区大原野小塩町1372
TEL
075-331-0020
拝観料
大人  500円  
高校生 300円   
中学生 200円 
小学生 200円 
交通案内
阪急電車 長岡天神駅からタクシー20分
阪急電車 東向日(ひがしむこう)駅からタクシー20分
JR 向日町(むこうまち)駅からタクシー約20分
阪急バス 善峯寺バス停下車 徒歩約8分
勝持寺から徒歩約2時間(東海自然歩道経由)

Instagram

#funjapo_善峯寺
とハッシュタグを入れて投稿して下さい

1km以内の観光スポット

登録されていません。

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


一覧へ

周辺のおすすめ情報

TO TOP