観光

貴船・大原・八瀬

パワースポットとして知られる鞍馬寺

パワースポットとして知られる鞍馬寺

毘沙門天に助けられた鑑真和上の弟子である鑑禎上人(がんちょうしょうにん)が、宝亀元年(770)に草庵を造り、毘沙門天を祀ったのが鞍馬寺のはじまりです。

延暦15年(796)には、藤原伊勢人(ふじわらのいせんど)が毘沙門天と一緒に千手観音を祀ります。平安時代には平安京の北を守護する寺として知られていました。

高さ約600mの鞍馬山全体が境内である鞍馬寺。本殿である金堂は、標高410mの位置にあります。金堂までの九十九折参道について、清少納言は「枕草子」に「近うて遠きもの、くらまのつづらをり(九十九折)といふ道」と書きました。歩くのが大変な方は、ケーブルカーに乗って、多宝塔まで行くこともできます。

ケーブルカー手前の仁王門は、明治44年(1911)に再建されたもの。湛慶作の仁王尊像が祀られています。九十九折参道の途中には、豊臣秀頼が再建した割拝殿がある、京都3奇祭の1つ・鞍馬の火祭で知られる由岐神社も。

金堂には、本尊である毘沙門天・千手観音・護法魔王尊が三身一体で「尊天」として祀られています。「尊天」は宇宙エネルギーを意味する言葉です。「尊天」のご開帳は60年に1回だけですが、金堂前に敷き詰められた幾何学模様の石・金剛床(こんごうしょう)の三角形部分に立つと宇宙のパワーが得られるといわれています。金堂の左右には、毘沙門天の使いである阿吽(あうん)の虎も。陶製の「あうんの虎お守り」は、お正月のみ授与されます。

金堂近くの「鞍馬山霊宝殿」には与謝野晶子の愛用品、その向かいには書斎が残されていますが、これは先代管長が与謝野晶子の弟子だったためだそう。

金堂からは奥の院参道に入ります。牛若丸こと源義経は、7歳から約10年間、鞍馬の天狗のもとで修業を行いました。その場所が、岩盤が固いため根が地上に出ている「木の根道」です。叡山電車の鞍馬駅前では、巨大な天狗の顔像を見ることができます。

魔王殿は、650万年前に金星から護法魔王尊が降り立った場所といわれています。永遠に16歳という護法魔王尊「サナート・クマラ」の名前が「クラマ」に転じて、鞍馬寺になったそうです。金堂からパワースポットとして知られる魔王殿までは徒歩30分ほど。ここから貴船神社までは20分ほどのハイキングコースになっています。

正式名称
鞍馬寺(くらまでら)
拝観・開館時間
9:00~16:30
住所
京都市左京区鞍馬本町1074
TEL
075-741-2003
拝観料
高校生以上 300円
中学生以下 無料
休日・休館
無休
霊宝殿:月曜、12月12日~2月末日
交通案内
叡山電車 鞍馬駅下車 徒歩約5分
本殿まではケーブル2分+徒歩10分または徒歩で30分

Instagram

#funjapo_鞍馬寺
とハッシュタグを入れて投稿して下さい

1km以内の観光スポット

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


一覧へ

周辺のおすすめ情報

TO TOP