イベント情報

03/1403/15

清水寺の青龍会~東の守り神が門前町を練り歩く~ 

清水寺の青龍会~東の守り神が門前町を練り歩く~ 

青龍会は、平成12年(2000)に本尊である十一面千手観世音菩薩が33年ぶりにご開帳されたタイミングで、清水寺門前会が始めた行事です。愛宕(おたぎ)念仏寺の住職だった彫刻家・西村公朝氏が監修、ワダエミ氏が衣裳を担当。毎年3月14・15日、4月3日、9月14日・15日に開催されています。

平安京の東側は青龍が守る位置といわれ、清水寺では観音様の化身である龍が夜になると音羽の瀧の水を飲みに来る、といういい伝えがありました。また、南廊下の祠に祀られている夜叉神(やしゃじん)は、青龍の位置と本尊を守り、人々の悪縁を断って良縁を結ぶ神として信仰されています。青龍会は龍の伝説と夜叉神の信仰と畏怖をもとに生み出されました。

麻布と和紙で作られた長さ約18メートルの青龍。8000枚の鱗には江戸時代の経文が貼られています。青龍を捧げ持つ龍衆(りゅうしゅう)の衣裳が緑色なのは、「青」がもともとは緑をあらわす言葉だからなのだとか。

青龍会では、ほら貝を吹く転法衆(てんぽうしゅう)を先頭に、法会を行う会奉行(えぶぎょう)、器に入った八功徳水(はちくどくすい)をまきながら観音加持を行なう夜叉神、青龍と青龍を守る4天王、そして16善神(じゅうろくぜんじんが境内と七味家本舗までの清水寺門前会を練り歩きます。夜叉神による蓮の花型の散華の授与も。

清水寺Webサイト http://www.kiyomizudera.or.jp/

清水寺門前会Webサイト http://www.monzenkai.com/

開催期間
2020年3月14日(土) ~ 2020年3月15日(日)
開催時間
14:00〜15:30
正式名称
青龍会(せいりゅうえ)
住所
清水寺(きよみずでら):京都市東山区清水1丁目294
料金
清水寺拝観料

高校生以上:400円

小中学生:200円

内容や日時が変更になる場合がございますので、
最新の情報は対象施設またはイベントの運営事務局までお問合せください。

近隣のイベント情報スポット

  • 05/0109/30

    鴨川納涼床~京都の夏の風物詩~

    鴨川納涼床~京都の夏の風物詩~

    応仁の乱の後には荒れていた鴨川の河原。豊臣秀吉が天正17年(1589)に五条大橋を架け、天正18年(1590)に三条大橋を改修したころから、にぎわいはじめ……

    詳細を見る
  • 07/3107/31

    八坂神社摂社・疫神社の疫神社夏越祭~祇園祭最後の行事~   

    八坂神社の境内にある摂社・疫神社で行われる疫神社夏越祭は、祇園祭の最後の祭事です。夏越祭は、祇園祭の関係者が集まり、神職による祝詞・お祓い、粟餅をお供えす……

    詳細を見る
  • 10/2010/20

    青蓮院の秋期大法要~中国から持ち帰った密教の秘法~ 

    青蓮院は、もともと僧侶が住む「青蓮坊」として比叡山の東塔(とうどう)にありました。平安時代末、鳥羽法皇が第7王子を青蓮坊に弟子として送ったことがきっかけで……

    詳細を見る

イベント情報の一覧へ

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


辺のおすすめ情報

TO TOP