イベント情報

01/0301/03

八坂神社のかるた始め式~和歌の神様にちなむ行事~ 

かるた始め式は、八坂神社のご祭神である素戔嗚尊(すさのおのみこと)が日本で初めて三十一文字の和歌を詠んだことにちなみ、年初めに行われる行事です。素戔嗚尊は「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」という歌を、妻である櫛名田比賣(くしなだひめ)と住む家を建てる際に詠みました。

かるた始め式は、日本かるた院本院と共催で昭和46年(1971)から始まりました。現在は、全日本かるた協会近畿支部と共催となり、模範試合として競技かるたも行われるように。競技かるたは、小倉百人一首の100枚の札の内、無作為に選んだ50枚で行う、スポーツのようなかるた取りです。小倉百人一首の歌は、嘉禎元年(1235)、藤原定家によって選ばれました。

午前中に国家安泰を祈願する能「翁」(おきな)の奉納が行われ、午後に能舞台でかるた始め式が行われます。神前にかるた奉納、玉串奉奠を行った後、中学生以上の「かるた姫」と童子・童女が、2人1組で行う初手合わせを開始。「かるた姫」は、平安時代の女官の装束・袿(うちき)を身に着け、大垂髪(おすべらかし)姿で登場します。初手合わせは、各自20枚合計40枚の札を並べ、かるた札をとる競技。前の句の下の句が読まれた後、続けてその句の上句が読まれるので、そのタイミングで札をとります。

八坂神社Webサイト http://www.yasaka-jinja.or.jp/

開催期間
2020年1月3日(金) ~ 2020年1月3日(金)
開催時間
13:00~
正式名称
かるた始め式(かるたはじめしき)
住所
八坂神社(やさかじんじゃ):京都市東山区祇園町北側625
料金
無料

内容や日時が変更になる場合がございますので、
最新の情報は対象施設またはイベントの運営事務局までお問合せください。

近隣のイベント情報スポット

  • 05/0109/30

    鴨川納涼床~京都の夏の風物詩~

    鴨川納涼床~京都の夏の風物詩~

    応仁の乱の後には荒れていた鴨川の河原。豊臣秀吉が天正17年(1589)に五条大橋を架け、天正18年(1590)に三条大橋を改修したころから、にぎわいはじめ……

    詳細を見る
  • 07/3107/31

    八坂神社摂社・疫神社の疫神社夏越祭~祇園祭最後の行事~   

    八坂神社の境内にある摂社・疫神社で行われる疫神社夏越祭は、祇園祭の最後の祭事です。夏越祭は、祇園祭の関係者が集まり、神職による祝詞・お祓い、粟餅をお供えす……

    詳細を見る
  • 10/2010/20

    青蓮院の秋期大法要~中国から持ち帰った密教の秘法~ 

    青蓮院は、もともと僧侶が住む「青蓮坊」として比叡山の東塔(とうどう)にありました。平安時代末、鳥羽法皇が第7王子を青蓮坊に弟子として送ったことがきっかけで……

    詳細を見る

イベント情報の一覧へ

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


辺のおすすめ情報

TO TOP