イベント情報

12/3101/01

八坂神社のをけら詣り~をけら火を持ち帰り無病息災を願う~

をけら詣りは、キク科の植物「をけら」の根と願い事が書かれた「をけら木」を3つの釣り灯籠で焚き、その火種を持ち帰る行事です。参拝者は「吉兆縄」と呼ばれる竹の繊維でできた火縄の先に火をつけ、その火を消さないように火縄を回しながら自宅に持ち帰ります。神棚の灯明にまず火を灯し、元日に大福(おおぶく)茶やお雑煮を作る際にその火を使うと、無病息災で1年を過ごせるといわれています。燃え残った火縄は台所に飾り、火除けのお守りとします。火のついた「吉兆縄」を持って乗り物に乗ることはできないので、ご注意ください。

をけら(白朮)は燃やすと臭い匂いを発するため、邪気をはらう効能があるそう。かつては「うけら」と呼ばれていました。をけら詣りと同じ時間には、をけらを入れた「をけら酒」授与も行われます。お屠蘇の材料である屠蘇散(とそさん)には、をけらの成分も含まれています。

「をけら灯籠」に使われる火は、12月28日の寅の刻(4:00ころ)開催の鑽火(きりび)式で、桧でできた杵と臼をこすりあわせておこした火です。

室町時代にはすでに行われていた行事で、江戸時代は削掛(けずりかけ)神事と呼ばれ、1月1日の寅の刻(4:00ころ)に行われていました。をけら火の向きで、その年の豊作・凶作を占ったといわれています。暗闇の中で行われていたため、集まった人が悪口を言い合う「悪口祭」という一面もありました。

八坂神社Webサイト http://www.yasaka-jinja.or.jp/

開催期間
2019年12月31日(火) ~ 2020年1月1日(水)
開催時間
19:30~5:00ころ
正式名称
をけら詣り(をけらまいり)
住所
八坂神社(やさかじんじゃ):京都市東山区祇園町北側625
料金
無料(吉兆縄は有料)

内容や日時が変更になる場合がございますので、
最新の情報は対象施設またはイベントの運営事務局までお問合せください。

近隣のイベント情報スポット

  • 05/0109/30

    鴨川納涼床~京都の夏の風物詩~

    鴨川納涼床~京都の夏の風物詩~

    応仁の乱の後には荒れていた鴨川の河原。豊臣秀吉が天正17年(1589)に五条大橋を架け、天正18年(1590)に三条大橋を改修したころから、にぎわいはじめ……

    詳細を見る
  • 07/3107/31

    八坂神社摂社・疫神社の疫神社夏越祭~祇園祭最後の行事~   

    八坂神社の境内にある摂社・疫神社で行われる疫神社夏越祭は、祇園祭の最後の祭事です。夏越祭は、祇園祭の関係者が集まり、神職による祝詞・お祓い、粟餅をお供えす……

    詳細を見る
  • 10/2010/20

    青蓮院の秋期大法要~中国から持ち帰った密教の秘法~ 

    青蓮院は、もともと僧侶が住む「青蓮坊」として比叡山の東塔(とうどう)にありました。平安時代末、鳥羽法皇が第7王子を青蓮坊に弟子として送ったことがきっかけで……

    詳細を見る

イベント情報の一覧へ

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


辺のおすすめ情報

TO TOP