イベント情報

05/0105/24

先斗町歌舞練場の鴨川をどり~伝統と流行をミックス~

先斗町歌舞練場の鴨川をどり~伝統と流行をミックス~

鴨川をどりは、明治5年(1872)初演。祇園甲部歌舞練場の都をどりと同じく、東京への遷都で衰退していた京都の町を活性化するために始まりました。第1回目の会場は、中京区裏寺町大龍寺の横にあった寄席・千代の家。明治8年(1875)には、第4回京都博覧会の附博覧(つけはくらん)(「余興」のこと)として開催されます。

一時中断されていましたが、明治28年(1895)の平安遷都千百年祭の際に、現在の先斗町歌舞練場の場所に建てられた翠紅館(すいこうかん)という歌舞練場で再開を果たします。現在の先斗町歌舞練場は、大正14年(1925)に着工、昭和2年(1927)に完成しました。設計者は大阪松竹座、弥栄会館(ギオンコーナー)などを手がけた大林組の技師・木村得三郎。地上4階、地下1階、 鉄筋コンクリート造りの劇場です。

先斗(ぽんと)町は、鴨川の西側、木屋町通の東側にあり、南の四条通から北の三条通の一本南の通りまで続く細道です。先斗町歌舞練場は、三条通にほど近い場所に位置します。

先斗町という名前の由来としては、東に鴨川、西に高瀬川があり、川と皮をかけ、皮にはさまれた鼓を叩くと「ポンと」音がすることからという説、ポルトガル語のponta(先)、ponte(橋)、ponto(点)からとったという説があります。

鴨川をどりは今回で第181回目、と五花街の踊りでは最長回数を誇ります。これは昭和26年(1951)から平成10年(1998)まで、春と秋の2回開催されていたためです。戦前には、チャールズ・チャップリンやジャン・コクトーも訪れたそう。

第一部は舞踊劇、第二部は踊絵巻と呼ばれる純舞踊の二部からなります。鴨川をどりは、昭和初期の公演で洋楽を取り入れるなど、伝統と共に新しさも取り入れているのが特徴です。平成30年(2018)は、シェークスピア原作の「真夏の世の夢」をテーマにした舞踊劇が上演されます。踊りの流派は、「品格・新鮮・意外性」を大切にしている尾上流です。

先斗町歌舞練場の4階では、開演の前に、芸妓さんによる立礼式のお点前でお茶をいただくことができます。菓子皿は持ち帰り可能。椅子に座ってお茶をいただく立礼式のお茶席は、京都博覧会を訪れる外国人客のために開発された作法です。

チケットは、電話、Web、旅行会社経由で購入できます。電話、Webは特別席のみ、JTB、日本旅行、近畿日本ツーリスト、東武トップツアーズ、阪急交通社、びゅうプラザなど契約旅行会社では、普通席も購入できます。詳細は、下記Webページでご確認ください。

鴨川をどりWebページ http://www.kamogawa-odori.com/kamogawa/

開催期間
2020年5月1日(金) ~ 2020年5月24日(日)
開催時間
12:30~、14:20~、16:10~
正式名称
鴨川をどり(かもがわおどり)
住所
先斗町歌舞練場:京都市中京区先斗町通三条下ル
料金
お茶券付特別席:4,800円

特別席:4,200円

普通席:2,300円

お茶券:700円

内容や日時が変更になる場合がございますので、
最新の情報は対象施設またはイベントの運営事務局までお問合せください。

近隣のイベント情報スポット

  • 05/0109/30

    鴨川納涼床~京都の夏の風物詩~

    鴨川納涼床~京都の夏の風物詩~

    応仁の乱の後には荒れていた鴨川の河原。豊臣秀吉が天正17年(1589)に五条大橋を架け、天正18年(1590)に三条大橋を改修したころから、にぎわいはじめ……

    詳細を見る
  • 07/3107/31

    八坂神社摂社・疫神社の疫神社夏越祭~祇園祭最後の行事~   

    八坂神社の境内にある摂社・疫神社で行われる疫神社夏越祭は、祇園祭の最後の祭事です。夏越祭は、祇園祭の関係者が集まり、神職による祝詞・お祓い、粟餅をお供えす……

    詳細を見る
  • 10/2010/20

    青蓮院の秋期大法要~中国から持ち帰った密教の秘法~ 

    青蓮院は、もともと僧侶が住む「青蓮坊」として比叡山の東塔(とうどう)にありました。平安時代末、鳥羽法皇が第7王子を青蓮坊に弟子として送ったことがきっかけで……

    詳細を見る

イベント情報の一覧へ

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


辺のおすすめ情報

TO TOP