観光

宇治・伏見・山科

寺田屋 ~坂本龍馬ゆかりの史跡~

寺田屋 ~坂本龍馬ゆかりの史跡~

伏見にある船宿・寺田屋は、幕末に寺田屋騒動と坂本竜馬襲撃事件の舞台となりました。

寺田屋騒動は、文久2年(1862)、佐幕派の九条尚忠,酒井忠義の殺害を企てた討幕派の薩摩藩士・有馬新七たちを止めようと、藩主・島津久光が部下に命じたことで寺田屋で乱闘が起こり、有馬新七たちが殺害された事件です。

坂本竜馬襲撃事件は、慶応2年(1866)、2階に宿泊していた坂本龍馬が、伏見奉行所の役人に襲撃されながらも、危うく難を逃れた事件です。

寺田屋は坂本龍馬の定宿であり、寺田屋の女将・お登勢に頼んで、後に妻となるおりょうを働かせていた場所でもあります。

坂本竜馬襲撃事件には、お風呂に入っていたおりょうが階段を駆け上って部屋まで知らせに来たため、無事に逃げ延びることができたというエピソードも。

寺田屋は慶応4年(1868)の鳥羽伏見の戦いで焼失したため、現在の建物はその後再建されたものですが、柱には刀傷もついています。寺田屋の庭には竜馬像があり、寺田屋の前は竜馬通り商店街となっています。

寺田屋の近くには月桂冠大倉記念館があり、酒蔵を見学すると、記念品付きでお酒の試飲が可能。春から秋にかけては、月桂冠大倉記念館の裏から十石船(じっこくぶね)に乗ることもできます。

坂本龍馬ファンの方には、坂本龍馬と中岡慎太郎の墓が並ぶ京都霊山護國神社もおすすめです。

正式名称
寺田屋(てらだや)
拝観・開館時間
10:00~15:40
住所
京都市伏見区南浜町263
TEL
075-622-0243
拝観料
大人  400円 
大学生 300円 
高校生 300円 
中学生 300円 
小学生 200円
幼児入場不可

宿泊6,500円(要予約) 
休日・休館
1月1日~1月3日
月曜不定休あり (シーズンオフ)
交通案内
京阪電車 中書島駅下車 徒歩約5分
市バス 京橋バス停下車 徒歩約2分

Instagram

#funjapo_寺田屋
とハッシュタグを入れて投稿して下さい

1km以内の観光スポット

登録されていません。

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


一覧へ

周辺のおすすめ情報

TO TOP