おすすめ情報

  • 観光
  • 祇園・東山・四条

【京都観光2020】桜の名所を巡るモデルコース!渉成園~祇園白川~清水寺

【京都観光2020】桜の名所を巡るモデルコース!渉成園~祇園白川~清水寺

京都観光ハイシーズン、桜の季節ですね。

けれど慣れない旅行では、名所を巡ろうにもどこをどうやって移動すればいいか悩みがち。
この記事では祇園白川清水寺など、京都の桜の名所をピックアップしモデルコースとしてご紹介。途中の移動もばっちりサポートしています。

京都観光初心者さんでも安心なFunJapoの桜モデルコース、旅のお供にぜひ。

【タイムスケジュール】

  • 09:00 渉成園(滞在60分)
  • 10:50 祇園 白川(滞在45分)
  • 13:00 高台寺(滞在60分)
  • 14:30 清水寺(滞在1時間30分)

 

桜と京都タワーのツーショット!?「渉成園」

旅のスタートは東本願寺の飛地境内地「渉成園」
アクセスは「京都」駅、京都市営地下鉄「五条」駅からともに歩いて10分ほど。春の京都は渋滞が起こりがちですから、なるべく市営バスを使わず、電車や徒歩で移動するのがポイントです。

渉成園は敷地3万平方メートルにも及ぶ広大な日本庭園。桜の本数は50本ほどですが、しだれ桜やソメイヨシノなどの美しい桜が揃います。
そしてこちらは京都駅のほど近く。そのため庭園からは京都タワーを臨むことができ、桜とのツーショットを撮影することも可能です。

アクセスが良く人の少なめな桜スポットをお求めの方、ちょっと面白い桜の写真を撮りたい方はぜひ訪れてみてください。

施設名 渉成園(通称名称:枳殻邸)
住所 京都府京都市下京区烏丸通七条上る
電話番号 075-371-9210
公式ホームページ http://www.higashihonganji.or.jp/worship/shoseien/
拝観時間 9:00~17:00(16:30受付終了)
料金 500円以上(庭園維持寄付金)
アクセス 京都市営バス「烏丸七条」から徒歩5分

 

「祇園 白川」で京情緒溢れる桜を愛でる

2番目に訪れる桜名所スポットは、祇園エリアの北部に位置する「祇園 白川」
渉成園からはバスで向かうこともできますが、前述の理由でおすすめしたいのは電車でのアクセス。「五条」駅で地下鉄に乗車後「四条」駅で阪急に乗り換え、終点「河原町」駅で下車し徒歩で白川を目指すとストレスフリーに移動できます。

白川のイチ押しポイントはなんと言ってもその風情ある街並み。石畳の道にお茶屋が連なる光景を華やかな桜が彩る様子は、まさしく「これぞ京都!」といった満足感を与えてくれます。

また、近くにある「金の百合亭」というカフェも一緒に訪れたい場所。大人気の抹茶パフェは、月ごとにデザインが変わるという特別仕様。この季節はカラフルな桜のパフェになっており、「食べる桜」をお探しの方にはうってつけです。

さらに今年は夜間のライトアップも復活。昼と夜、どちらも美しい白川の桜はこの春マストチェックです。

施設名 祇園 白川
住所 京都府京都市東山区白川南通沿い
電話番号 075-222-3586(建設局緑地管理課・平日のみ)
公式ホームページ http://gion-yoisakura.com/
拝観時間 自由
ライトアップ 18:00~22:00
料金 無料
ライトアップ期間 3月29日~4月7日
アクセス 京阪電鉄「祇園四条」駅から徒歩3分

 

存在感ある桜を楽しみたいのなら「高台寺」

お次の目的地は「高台寺」祇園白川エリアからは歩いて20分ほどの場所にあります。
また、スケジュール通りに行動していたら時間はそろそろお昼時。出発前の祇園付近や移動途中にある「円山公園」などで昼食を済ませると良いでしょう。

約50本もの桜が楽しめる高台寺で注目したいのは、やはり方丈前から見る波心庭、そこに佇む1本の巨大なしだれ桜
シンプルかつ奥深い枯山水の庭を、自身のみで一気に華やがせる艶やかな桜は見応え抜群。撮影にもぴったりです。

夜にはプロジェクションマッピングを用いたライトアップも行われますので、機会があればぜひご覧くださいね。

施設名 高台寺
住所 京都府京都市東山区高台寺下河原町526
電話番号 075-561-9966
公式ホームページ https://www.kodaiji.com/
拝観時間 9:00~17:30(17:00受付終了)
ライトアップ 日没~22:00(21:30受付終了)
料金 600円
ライトアップ期間 3月8日~5月6日
アクセス 京都市営バス「東山安井」から徒歩5分

 

桜の本数は京都随一!「清水寺」

本日ラストの訪問場所は、京都における観光地の代名詞的存在「清水寺」
高台寺からの距離は徒歩25分程度。散策を楽しむのなら「二年坂」「三年坂」を通るルートがおすすめです。

境内に植えられた桜はおよそ1500本。京都でも随一の規模で、ソメイヨシノだけでなくヤマザクラも見られるのが特徴です。
イチ押し撮影ポイントは放生池の横から見る三重塔。京情緒溢れる桜と塔の共演はそれだけでも美しいのですが、ライトアップ時は「観音様の慈悲の心」を表しているという幻想的な青い光が背後に輝きます。

その他、押さえておきたいのは「桜鈴」というお守り。心願成就のご利益があるというこちらのアイテムは、桜をあしらったとっても可愛らしいデザイン。お土産としていただくのも良さそうです。

施設名 清水寺
住所 京都府京都市東山区清水一丁目294
電話番号 075-551-1234
公式ホームページ http://www.kiyomizudera.or.jp/
拝観時間 6:00~21:00受付終了
ライトアップ 18:00~21:00受付終了
料金 400円
ライトアップ期間 3月29日~4月7日
アクセス 京都市バス「清水道」または「五条坂」から徒歩10分

他にも京都には素敵なスポットが盛りだくさん。
桜の余韻に浸りながら、祇園高倉錦市場でお土産を購入し、先斗町などの花街で夕食をとると、観光帰りもたっぷり満喫できます。

春の京都はまさに桜の街。
名所を巡る花見の旅、楽しんでいただければ幸いです。

1km以内のおすすめ情報スポット

登録されていません。

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


一覧へ

周辺のおすすめ情報

TO TOP