イベント情報

11/0111/01

護王神社の亥子祭~亥子餅を食べて無病息災を祈願~

護王神社は、ご祭神の和気清麻呂が猪に救われたことがあるため、狛犬の代わりに狛猪が置かれ、別名・猪神社とも呼ばれています。境内には、猪コレクションをはじめとして、猪に関連したものがいっぱいあります。

亥子祭は、平安時代の宮中行事・御玄猪(おげんちょ)の儀式を再現したお祭りで、昭和35年(1960)から始まりました。亥の月(旧暦10月)、亥の日、亥の刻(21~23時)に餅を食べると病気にならないといわれているため、毎年11月1日の夕方から開催されています。

はじめに、舞殿で平安装束の公卿や女房たちが、松でできた小さな臼と柳の杵2本で餅をつきます。宮中では、帝が自ら餅をついたそう。猪(亥)が多産なことから、亥子餅は子孫繁栄も願って食べられました。

神前に亥子餅をお供えし、18:30ころ、唐櫃(からびつ)に入れたお餅を京都御所に献上します。護王神社は、烏丸通りをはさんで京都御所の反対側に位置します。

その後、境内で亥子囃しを唱えながら、胡麻(黒)、小豆(赤)、栗(白)の粉を使ったもちをつき、参拝者にふるまいます。亥子囃しは「猪しゃ餅食ってほーいほーい、和気さんお出ましえーいえーい」と、思わず楽しくなってしまう歌です。

護王神社Webサイト http://www.gooujinja.or.jp/

開催期間
2020年11月1日(日) ~ 2020年11月1日(日)
開催時間
17:00~
正式名称
亥子祭(いのこさい)
住所
護王神社(ごおうじんじゃ):上京区烏丸通下長者町下ル
料金
無料

内容や日時が変更になる場合がございますので、
最新の情報は対象施設またはイベントの運営事務局までお問合せください。

近隣のイベント情報スポット

  • 10/1210/13

    西院春日神社の春日祭~最重量級神輿の巡行~

    西院春日神社は、平安時代の初め、奈良・春日大社の主祭神を分霊し、淳和天皇の離宮・清和院(西院)の鎮守社として建てられたことに始まります。

    毎……

    詳細を見る
  • 09/1509/15

    宗像神社の神賑わいの祭~神に捧げる乙女舞~

    京都御苑内にある宗像神社は、延暦14年(795)、藤原冬嗣(ふゆつぐ)が筑前・宗像社の宗像三女神を祀ったことから始まります。境内には、昭和43年(1968……

    詳細を見る
  • 01/0101/01

    西院春日神社の歳旦祭~元旦に国家の安泰を祈願~

    宮中や全国の神社で行われる行事・歳旦祭。新年の朝、神様にお供えをして、神職が国家の繁栄や皇室の安泰、国民や氏子の平和などを祈願します。

    西院……

    詳細を見る

イベント情報の一覧へ

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


辺のおすすめ情報

TO TOP