おすすめ情報

  • 観光
  • 祇園・東山・四条

【2020年度】春の修学旅行が京都なら行くべき5つのスポット!

【2020年度】春の修学旅行が京都なら行くべき5つのスポット!

春から初夏にあたる5月~6月は修学旅行のハイシーズン
せっかくこの時期に京都を訪れるのなら、訪問先も季節にあわせた場所にしたいですよね。

そんなアナタに見ていただきたいのが当記事。
こちらではFunJapoが厳選した、春の京都で訪れたい5つの修学旅行スポットを紹介しています。

訪問時の予備知識も得られるかと思いますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

春の修学旅行が京都なら行くべきスポット「東福寺」

「東福寺」は京都の南東に位置する名刹。

境内には約2000本もの紅葉が植えられており、秋には大勢の観光客が詰め寄せます。
けれど、意外にも1~8月ごろはとても静か。
冬から夏の隠れた名所になっていることは、京都ツウにもあまり知られていません。

穴場シーズンの中でも、春ごろは青紅葉による木漏れ日が見事。
森林浴を満喫できるのも嬉しいポイントですね。

その他では庭園も見どころ満載。
特に市松模様の苔庭サツキの花でできたハートの植木は、インスタ映えをお求めの方にうってつけです。

京都の中心部からは少し離れますが、足を伸ばす価値のある場所と言えるでしょう。

施設名 東福寺
住所 京都府京都市東山区本町15丁目778
電話番号 075-561-0087
公式ホームページ http://www.tofukuji.jp/
拝観時間 9:00~16:00(※季節によって変動あり)
料金 通天橋・開山堂400円
東福寺本坊庭園400円
駐車場 あり(無料)
アクセス 京都市営バス「東福寺」から徒歩4分

 

春の修学旅行が京都なら行くべきスポット「南禅寺」

東福寺と同じく紅葉の景勝地として名高い「南禅寺」

こちらの寺院で目を引くのが、琵琶湖から引いた水の通り道である「水路閣」です。
古代ローマの水道橋をもとにして造られたというこの建造物は、レトロ感バツグンのデザイン。
青紅葉との共演ショットは大変”映える”光景となっています。

また、境内でいっとう目立つ三門は、歌舞伎の名言「絶景かな!絶景かな!」が生まれたスポット。
この三門には実際に登ることもできますので、歌舞伎役者の気分で眼前に広がる景色をお楽しみください。

施設名 南禅寺
住所 京都府京都市左京区南禅寺福地町
電話番号 075-771-0365
公式ホームページ http://www.nanzen.net/
拝観時間 8:40~17:00(※季節によって変動あり)
料金 方丈庭園500円
三門500円
南禅院300円
駐車場 あり(有料)
アクセス 京都市営地下鉄「蹴上」駅から徒歩10分

 

春の修学旅行が京都なら行くべきスポット「白峯神宮」

3つめにご紹介するのは、「スポーツの守護神」とうたわれる「白峯神宮」です。

当社に祀られているのは、蹴鞠に使う「まり」の神様。
そこから長じて、ボールなどを使用する「球技の神」として信仰を集めています。

もちろん、授与されているお守りもスポーツ関連のものが豊富。
そのためご自身のぶんだけでなく、ご家族やお友達のお守りを授かる修学旅行生も少なくないのだそうです。

他に、境内に植えられた遅咲きの桜も見どころのひとつ。
世にも珍しいレモン色の花が特徴のこの桜、訪れた時期によってはまだ見られるかもしれません。

施設名 白峯神宮
住所 京都府京都市上京区飛鳥井町261番地
電話番号 075-441-3810
公式ホームページ http://shiraminejingu.or.jp/
拝観時間 8:00~17:00(※社務所受付は8:00~16:30)
料金 無料
駐車場 あり(無料)
アクセス 京都市営バス「堀川今出川」下車すぐ

 

春の修学旅行が京都なら行くべきスポット「神泉苑」

「神泉苑」は、観光客が多く集まる「二条城」エリアに鎮座する寺院。
春には色とりどりのツツジが境内を彩るため、花がお好きであるのなら訪れてほしいスポットです。

神泉苑の中でも特に注目したいのが、池にかかった朱塗りの「法成橋」
心の中で願い事を1つだけ念じながらこの橋を渡り、その先にあるお堂にお参りすると、願い事が叶うと伝えられています。

さらに敷地内には数羽のアヒルが放し飼いにされており、エサをあげることもできるのだとか。
動物好きの方は見逃せませんね。

きれいな花、かわいい動物、そしてご利益もバッチリの神泉苑。
二条城に行く予定であれば、一緒に訪れておきたいお寺です。

施設名 神泉苑
住所 京都府京都市中京区御池通神泉苑町東入る門前町167
電話番号 075-821-1466
公式ホームページ http://www.shinsenen.org/
拝観時間 8:30~20:00(※寺務所受付は9:00~17:00)
料金 無料
駐車場 無し
アクセス 京都市営地下鉄「二条城前」駅から徒歩2分

 

春の修学旅行が京都なら行くべきスポット「三室戸寺」

修学旅行が6月の予定なら、宇治にある古刹「三室戸寺」にも足を運びたいところ。
「あじさい寺」の通称を持つこちらの寺院、梅雨の時期にはその名が示すごとく、1万株に及ぶあじさいの花が咲き誇ります。

あじさいが見ごろとなる期間中は、境内のお茶屋さんで「あじさい氷」と呼ばれるカラフルなかき氷が提供されるのだそう。
また、本堂近くの寺務所ではハート型のあじさいを模したお守りも授与されており、さまざまな形であじさいを楽しむことができます。

少し前の5月ごろにはツツジも華やぎますので、季節の花を満喫したい方はぜひ。

施設名 三室戸寺
住所 京都府宇治市莵道滋賀谷21
電話番号 0774-21-2067
公式ホームページ https://www.mimurotoji.com/
拝観時間 8:30~16:30(※季節によって変動あり)
料金 通常500円
つつじ園またはあじさい園開園期間中800円
駐車場 あり(有料)
アクセス 京阪電鉄「三室戸」駅から徒歩15分

さわやかな気候のもと、お友達と巡る修学旅行。
どうかアナタにとっての京都の思い出が、春の日差しのような輝かしいものでありますように。

1km以内のおすすめ情報スポット

登録されていません。

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


一覧へ

周辺のおすすめ情報

TO TOP