おすすめ情報

  • 観光
  • 祇園・東山・四条

【京都観光2021】モデルコースで巡る!東福寺~伏見稲荷~平等院

【京都観光2021】モデルコースで巡る!東福寺~伏見稲荷~平等院

狭いようで広い京都は、中心部ばかりに観光地が集中しているわけではありません。
今回ご紹介するのは市内から少し外れたモデルコース。
いわゆる「京都エリア」とはまた違った魅力を持つ伏見・宇治の旅、いよいよスタートです。

【タイムスケジュール】

  • 09:00 東福寺(滞在1時間)
  • 10:20 伏見稲荷大社(滞在40分)
  • 12:00 三室戸寺(滞在40分)
  • 14:00 平等院(滞在50分)
  • 15:10 辻利兵衛本店・中村藤吉本店(滞在1時間)

 

「東福寺」は紅葉以外も◎!境内のSNS映えスポットを紹介

最初に訪れるのは禅宗のお寺「東福寺」
京都駅からアクセスする場合はJRを使い、「東福寺」駅で下車するとスムーズです。

こちらの見どころは、なんといっても境内に約2000本もあるという紅葉
真っ赤に染まる秋頃がベストシーズンなのは言うまでもありませんが、新緑の葉が茂る5月前後も、秋に勝るとも劣らない美しさを味わえます。

また、昭和期の偉大な庭園家「重森美玲」が作庭した庭「東福寺本坊庭園」もこちらを語る上では外せません。
現代的でありながらも、古くから伝わる禅の精神を表現した日本庭園は見応え抜群。
特に西庭の刈り込んだサツキと石、そして北庭の白川砂と苔によってそれぞれ表現された市松模様はSNS映えもばっちりです。

ハイシーズンである紅葉の盛り以外は人も少なめですので、人混みを避けてゆったりと観光したい方はぜひ訪れてみてください。

施設名 東福寺
住所 京都府京都市東山区本町15丁目778
電話番号 075-561-0087
公式ホームページ http://www.tofukuji.jp/
拝観時間 9:00~16:00(受付終了16:00、4月~10月)、8:30~16:00(受付終了16:00、11月~12月初旬)、9:00~15:30(受付終了15:30、12月初旬~3月)
料金 通天橋・開山堂400円、東福寺本坊庭園400円
アクセス 京都市バス「東福寺」から徒歩4分

 

「伏見稲荷大社」で日本の神道に触れよう!

「伏見稲荷大社」は「千本鳥居」と呼ばれる膨大な数の鳥居で名を馳せる神社です。
東福寺の観光後に向かうのであれば、もう一度先ほどの「東福寺」駅へ向かいJRに乗車、ひと駅先の「稲荷」駅で下車すれば、すぐ目の前が伏見稲荷大社となります。

創建当時は五穀豊穣の神として信仰を集めていた伏見稲荷大社ですが、現在では民衆の生活に欠かせない「商売繁盛」のご利益がメイン。
そしてこのご利益を求める願いの具現化とも言うべき存在が、幻想的な光景を生んでいるかの千本鳥居です。
これらの鳥居は通常の目的である神への奉納というだけでなく、寄進者の名前が記される性質を活かし、昔はある種の広告としての役割も果たしていたのだそう。

日本に今なお息づく「神道」、及びその信仰を体験したい・学びたい方にはぴったりの場所と言えるでしょう。

施設名 伏見稲荷大社
住所 京都府京都市伏見区深草薮之内町68
電話番号 075-641-7331
公式ホームページ http://inari.jp/
拝観時間 自由(※社務所受付は7:00~18:00)
料金 無料
アクセス JR「稲荷」駅下車すぐ

 

「三室戸寺」でハート型のあじさいをゲット!

次にご紹介するのは宇治エリアに位置する「三室戸寺」
伏見稲荷大社からは少し距離がありますので、「伏見稲荷」駅で京阪電鉄に乗車し「中書島」駅で乗り換え、「三室戸」駅で下車後歩いて向かうルートがおすすめです。

三室戸寺で注目したいのは境内を彩る四季の花々。
その素晴らしさは、この寺院の通称に「つつじ寺」「あじさい寺」など花の名が挙げられていることからも伝わってきます。
春は三重塔に花を添える桜、桜が散ったあとはつつじとしゃくなげ、初夏には新緑とあじさい、そして8月にかけては蓮、さらに秋には紅葉を楽しめるという三室戸寺はまさしく花のテーマパーク。

見頃の時期にあじさい園で時折見られる「ハート型のあじさい」を模した「ハートアジサイのお守り」や「ハートの絵馬」も大変可愛らしいので、そちらのチェックも忘れずに。

施設名 三室戸寺
住所 京都府宇治市莵道滋賀谷21
電話番号 0774-21-2067
公式ホームページ https://www.mimurotoji.com/
拝観時間 8:30~16:30(受付終了16:00、4月~10月)、8:30~16:00(受付終了15:30、11月~3月)
料金 通常500円、あじさい園開園期間中800円、あじさいライトアップ800円
アクセス 京阪電鉄「三室戸」駅から徒歩15分

 

「平等院」の見どころは10円玉と1万円札!?

「平等院」は世界遺産にも登録されている、京都でも特に名高い寺院です。
三室戸寺からのアクセスは京阪電鉄の「三室戸」駅より「宇治」駅まで乗車し、その後は徒歩で目指すと比較的簡単にたどり着けるでしょう。

また、スケジュール通りに行動していれば時間はお昼。
平等院周辺は観光客向けの飲食店が多数ありますので、このあたりで昼食を済ませておくといいかもしれません。

さて、平等院の中で日本人に最もなじみ深いのが、境内の鳳凰堂及びその屋根に飾られた鳳凰の像
このふたつはそれぞれ日本の硬貨(10円玉)紙幣(1万円)に描かれていますので、お手持ちのお金と比べてみるのも楽しそうです。

その他、春の桜や秋の紅葉、そして4月末から見頃となる立派な藤棚など、季節に応じて咲き誇る花々も見事ですよ。

施設名 平等院
住所 京都府宇治市宇治蓮華116
公式ホームページ https://www.byodoin.or.jp/
電話番号 0774-21-2861
拝観時間 8:30~17:30(受付終了17:15)
料金 600円
アクセス JRまたは京阪電鉄「宇治」駅から徒歩10分

 

「辻利兵衛本店」・「中村藤吉本店」で絶品抹茶スイーツを堪能!

長かった旅もそろそろ終盤。
歩き回ってお腹がすいたときには、宇治の名物抹茶スイーツで一息ついてみませんか。

数々の抹茶スイーツ店がひしめく宇治の中でも、特に評判を集めているのが「辻利兵衛本店」「中村藤吉本店」
どちらも平等院から徒歩で向かえる場所にありますので、足を運ぶ際は宇治の散策も兼ねるとより充実した旅になるでしょう。

日本情緒を感じるお店と、抹茶の濃い味を堪能できる「宇治抹茶ぱふぇ・宇治誉れ」が観光客から人気の辻利兵衛本店
SNS映えする竹の器と、「生茶ゼリイ『抹茶』」のつるりとしたのどごしがイチ押しの中村藤吉本店

どちらのお店であっても絶品の抹茶スイーツを満喫できるでしょうから、ご自身のお好きな方をお選びくださいね。

正式名称 辻利兵衛本店
住所 京都府宇治市宇治若森41
電話番号 0774-23-1111
公式ホームページ http://www.tsujirihei.co.jp/
営業時間 10:00~18:00(LO17:00)
定休日 火曜日
アクセス JR「宇治」駅から徒歩5分
正式名称 中村藤吉本店 宇治本店
住所 京都府宇治市宇治壱番十番地
電話番号 0774-22-7800
公式ホームページ https://www.tokichi.jp/
営業時間 10:00~18:30(17:00カフェLO)(※季節により変動)
定休日 無し
アクセス JR「宇治」駅から徒歩3分

市内にとどまらず、さまざまな場所に名所が位置する街・京都。
訪れるたびに新たな魅力を発見する……そんな素敵な旅ができることを願っております。

1km以内のおすすめ情報スポット

登録されていません。

この記事にコメントを投稿する

どうだった?
情報を共有しよう!

CAPTCHA


一覧へ

周辺のおすすめ情報

TO TOP